ハフィントンポストUS版「Queer Voices」編集統括ミケランジェロ・シグノリルのレポートにて、マイク・ペンス次期副大統領について語られていたので紹介します。

8d3cc9e9ea2aeb7389201d0aff970ae5_s

大統領選の期間中、ドナルド・トランプは比較的LGBTに寛容であるとの報道もありました。
その理由には、ゲイの友人がいる、エルトン・ジョンの同性婚にお祝いのメッセージを送った、「LGBT」という表現を使っている、2015年に最高裁がアメリカ全土での同性婚の合法化を認めた件について「解決済み」と答えた、などが挙げられています。

しかし、その一方で次期副大統領には、LGBTに厳しい態度を取るマイク・ペンスを選びました。

ドナルド・トランプは、政権運営において、自分自身を「取締役会長」に近い立場とし、副大統領を「最高経営責任者」(CEO)あるいは「最高執行責任者」(COO)のような立場にする計画を立てていると言われています。

これは副大統領に大きな権力を与えることにつながるため、「史上もっとも権力を持つ副大統領」になるだろうと言われています。

反LGBTの態度を取るマイク・ペンスが副大統領になることで、同性婚が認められなくなったり、あらゆる面でLGBTの権利が低くなったり奪われたりするのではないか、と危惧されています。

ミケランジェロ・シグノリルは、「もしトランプが、大統領としてLGBTの問題に干渉せず、ペンスのような人々にやりたいようにさせておくのなら、LGBTの権利に対する攻撃はすでに進んでいると考えていい」と語っています。

参照
http://www.huffingtonpost.com/entry/mike-pence-assault-lgbtq-equality_us_58275a17e4b02d21bbc8ff9b