インドのニューデリーで2016年11月に、LGBTの権利向上を訴えるパレードが開催されました。
このパレードは毎年行われています。

5a5e6a92-e079-4c49-a0b1-ba30ba683ac0_w987_r1_s

パレードを行うことで、LGBT当事者が差別に直面していることを強調し、同性愛行為を犯罪とする法律の廃止を要求し続けています。

パレードに参加した33歳の建築家、サウラフ・ジャイン(Saurav Jain)氏は、「多くの変化がある」と語っています。
一方で、活動家のリトパルナ・ボラ氏は、「ヒンドゥー教のナレンドラ・モディー首相政権は同性愛者の権利を支持していない」と語っています。

インドでの同性愛をめぐる問題

ここ10年程で、同性愛はインドの特に大都市では、ある程度受け入れが進んできました。
多くのバーにはゲイの為の時間があり、いくつかの意識の高いボリウッド映画ではゲイの問題に取り組んでいます。

しかし、法律上では同性愛は違法となっています。
2009年にニューデリー高等裁判所が同性愛行為を犯罪とする刑法第377条は違憲であると宣言しましたが、2013年に、最高裁判所が第377条の改正または廃止を司法ではなく、議会に委ねることを決定しました。
現在、同性愛行為は最大10年間懲役となっています。

まだまだ「同性愛は恥知らず」と考える人も多く、LGBT当事者が暮らしやすい社会にはなっていないのが現状です。

参照
http://www.voanews.com/a/gay-rights-activists-march-in-annual-new-delhi-parade/3613375.html