16824280347_9d9b71a419_z

30~40代の転職において、既婚者のほうが有利という考え方があります。

「既婚者は家族がいるから簡単には辞めずに真面目に働きそう」
「結婚していない人は、まだ一人前には思えない」
「会社としては、責任のある行動ができるかどうかの判断材料の一つとする」

特に企業の経営者や人事責任者がこのような考えをもっているとすれば、その企業への転職であったり、その企業の中でのキャリアアップというのは難しくなります。

一方で既婚者より独身者のほうが有利という考え方もあります。

「独身者のほうが転勤なども含めて、柔軟な対応ができる」
「仕事に集中できる」
「今まで仕事が好きで頑張ってきたからこそ、独身のままという人もいる」

さらにセクシュアリティによっても違うという意見もあります。

女性の場合であれば、結婚や出産を機に仕事をやめてしまうのではないかと考える企業があることも事実です。
そのため採用面接の際に、結婚の予定を聞かれるケースもあります。

しかし、結婚の予定を聞かれるのはネガティブな理由だけではありません。

結婚や出産をしても働ける職場環境づくりをしている企業では、結婚の予定を聞いた上で、そのときに備えて会社としてどういうことができるかなどを相談したいという理由から、聞くというケースもあります。

そもそも、最近は初婚の平均年齢は高齢化(晩婚化)しており、また離婚率も高くなってきています。
それだけライフスタイルが多様化してきているといえます。
かつては多くの企業で見られた家族手当なども廃止する企業が増えてきているのは、企業として従業員の結婚や離婚といったプライベートにはあまり踏み込まなくなっている証ともいえます。

既婚者のほうが転職にどの程度有利か不利かは企業によって差はありますが、このような傾向はなくなってきているといえるでしょう。

現在の日本では、同性パートナーとは結婚(婚姻)することはできません。
そのため、LGBT当事者の中には結婚しないことがキャリアに影響するのではと不安に感じる人も少なくありません。

しかし本来、キャリアには結婚の有無は関係ありません。
キャリアアップ転職する際には、仕事でどれだけの成果が出せるかがはるかに大切なのです。