前回の面接で重要な「4つの壁」とは?に続いて、面接対策についてご紹介していきたいと思います。
面接の形式や面接官が変わっても、基本は変わりません。あなたらしく堂々とした態度で面接に臨むようにしてください。

個人面接

面接を受けるのは自分一人という形式の個人面接。
他の学生のことを気にしなくてもいいという点があり、自分のペースで話すことができるので自分をアピールするには最適と言えます。
その一方で面接官に自分のことを細部まで見られることになります。

個人面接でのコツは、自分の価値観や自己PR、志望動機をなどをよく考え、わかりやすく伝えられるようにまとめておくこと。
なぜそう思うのか?など、深掘りした質問にもこたえられるようにしましょう。

NEXT 集団面接・グループディスカッションのコツとは?