2018年3月卒業予定の学生さんの就職活動も活発になってきました。
今期は前期よりもさらにスタートが早まり、リクナビやマイナビなどの大手ナビサイトでの就職情報が公開開始となる3月1日以前から、企業説明会や選考を受ける学生が多いです。

今回は、2018卒の学生さんの先輩にあたる2017卒のLGBT当事者による就活体験記のまとめ記事です。

就職活動では自分の価値観や自分の長所短所など、自分のアイデンティティを知る、伝える機会が多くなります。
自分のセクシュアリティを就活でオープンにするかどうかは本人の自由なので、オープンにすることがよいことというわけではありません。
ですが、セクシュアリティは自分のアイデンティティのひとつですから、おのずと、あらゆる経験や価値観の中にセクシュアリティに関わることも含まれるのではないでしょうか。

そのためLGBT当事者にとっては、就活においてどの程度自分のセクシュアリティをオープンにしたいかも考えるテーマになってきます。

今回の記事はひとつの事例ですが、様々な価値観のひとつを知る機会になればと思います。

会社説明会に参加して気づいたこと。LGBT当事者による就活体験記。

就活で身についたマナー。LGBT当事者による就活体験記2。

自分の理解が深まった。LGBT当事者による就活体験記3。

就活を経験して変わったこと。LGBT当事者による就活体験記4。