LGBT就活、今回は「トランスジェンダーは服装や性別欄どうしてる?」です。

nijipiを運営するNijiリクルーティングでは、LGBTの方の就活相談も行っています。
相談内容で多いのは、服装や性別欄の質問です。

入社後どんな働き方をしたいかがポイント

性自認の服装で就活をしてもいいのでしょうか?という質問をたくさん頂きます。

企業によって対応は様々ですが、ポイントは入社後どんな働き方をしたいか、ではないでしょうか。
LGBT就活生の先輩に聞いた事例をいくつか紹介します。

・戸籍も変更しているので、カミングアウトしなければトランスジェンダーであることはわからない。
カミングアウトすることで、変に意識されるのもいやだったので、カミングアウトせずに就活し、今後もカミングアウトの予定はない。

・最初は「受け入れてもらえないのではないか」と不安で、カミングアウトできず身体の性の服装で就活をしていた。
ただ、やはり本来の自分らしさを出せず、自ら壁を作っているように感じたので、勇気を出して性自認の服装で就活するようにした。
履歴書の性別欄には〇をせず、備考欄にトランスジェンダーであることを書いた。

・就活ではカミングアウトしなかったが、入社前に人事担当者に話した。ありがたいことに受け入れてもらえ、どのような配慮が必要かを聞いてくれた。

まとめ

カミングアウトをする場合は、最初は不安だったという人も多いです。
そんなときに、LGBTフレンドリーであることが事前にわかっていたら安心ですよね。

まだまだ社外にLGBTフレンドリーを発信している企業数は多くはないのですが、徐々に数は増えてきてはいます。
Nijiリクルーティングとしても、そんな企業を増やそうと、LGBTフレンドリー宣言を募るなど、日々活動を行っています。

LGBTフレンドリー企業一覧も是非参考にしてみてください。