LGBT当事者orアライによるレポート。今回は「クローゼットで働くゲイの体験談」です。
※クローゼットとは、周囲にセクシュアリティを明かしていない=カミングアウトしていないことです。

私は現在、都内で社会人2年目として働く男性です。
セクシュアリティはゲイで、現在地元の友人以外にはカムアウトせずに過ごしています。クローゼットのゲイとして1年社会人として過ごしたうえでの経験を、皆さんに共有したいと思います。

生い立ち

はじめに軽く私の自己紹介をします。私は、姉と両親の4人家族の中で育ちました。小さいころから姉と仲の良かった私は、姉の影響なのか戦隊ものよりもプリンセスに惹かれるような子供でした。

はじめて自分がゲイだと気付いたのは中学生のときでした。好きになったのは同じ部活の先輩でした。しかし周りが異性との恋愛をする中で自分は異常だと思い、誰にもこの思いを言うことなく先輩は卒業していきました。
大学では理系だったこともあり、学生は男子ばかりで、ほとんど恋愛の話をすることなく、楽しく4年間を過ごしました。

就職してから

就活における苦労は特にありませんでした。女性ではないからか面接で結婚についてきかれることもなかったですし、特にゲイであることは就活に影響しなかったと思います。

就職は都内のメーカーにしました。もともと興味のあったことに関わる仕事をさせてもらっているので、仕事はすごく楽しいと思っています。
ただ、ゲイであることの苦労は、実際あります。

一番感じるのは会社でのイベントごとの際の飲み会です。
結婚されている方は奥さんや旦那さんについて、していないひとも最近の恋愛事情などを話すのが恒例になっていると言って過言ではありません。

特に私のような若い社員は「そんなに若いのに一切何もないなんてありえない」と根掘り葉掘りきかれます。
会社では誰にもゲイであることを言っていないため、毎回ごまかしていますが、だんだんと怪しまれていないか心配です。いずれは結婚について突っ込まれることを考えると、今からどうかわそうかと悩みます。

仕事に関しては楽しいので現在転職は考えていませんし、お酒を飲むことも好きなのですが、飲み会に関してはだんだんと足が重くなっています。
また、まったく意識していない部分で、よく「もっと男らしくしろ」と指摘されることがあります。これは昔から言われてきたことなので慣れっこといえば慣れっこですが、いまさら意識してなおすこともできず、これからも注意されつづけるのではないかと思います。

最後に

働いてみて、まだまだ日本社会は男性中心なんだと実感しています。
それも男らしい、ゲイでない男性です。うちの会社も含めて、LGBTへの理解が会社全体でどんどん広がっていってほしいと思っています。