3月にナビサイトがオープンしてから5か月が経過しようとしています。6月に大手の選考が解禁になり、面接のピークが終わりました。

その中で、就職活動に苦戦している学生さんもいらっしゃるかと思います。まだ就活中の人、これから秋採用に向けて就活を始める人に向けて、改めて、行っておきたことについてお伝えしたいと思います。

志望業種・業界の再検討

この時期になると、業界を絞らずに見ている人よりも、すでに志望業界を決めて就活をしている人の方が多いかと思います。

しかし逆に、視野を狭めすぎている可能性があります。自分に合った業界や業種は、もしかすると今見ていないところにあるかもしれません。就活が進んだ今だからこそ、改めて考え直してみるのもオススメです。

自己PRの再検討

3月から就活をしている方だと、自己PRは既に固まっている人も多いかと思います。復習しなくてもすらすらと言えるようになっているかもしれません。

しかしここでもう一度じっくり、自己PRを考え直してみてはどうでしょうか。家族や、キャリアセンターのアドバイザー、友達などにきいてもらうことも大切です。

就活は企業と学生のマッチングの機会です。あなたの魅力を短い時間で最大限に分かってもらうためにも、よりわかりやすい自己PRになるように練り直すことが大切かもしれません。

相談してみる

就活は最終的に1人で行うものですが、周りに協力してもらうことが大切です。自己分析だけでなく他己分析を行ってもらうことは、とても役立ちます。

また、現在は大学でキャリアセンターが充実しているところも多いですし、新卒採用支援を行っている企業も多く存在します。特に就活を続けて時間が経つにつれて、気持ち的にも辛くなることもあるかと思います。

電話やメール、直接の面談などで、相談できる機関は増えていますので、1人で抱え込まないことが大切です。

最後に

就活はめぐりあわせです。日本に企業は400万社以上あると言われています。しかし、セクシュアリティの部分に関して言えば、まだまだ受け入れている企業は多くはありません。一方、どんな方にもマッチする企業は必ずあるはずです。

私は就活の後半辛くなってきた際には、「私を落とした企業を後悔させてやる」くらいの強い気持ちで就活していました。就活が長引くと辛いこともありますが、1人で抱え込まず、根気よく探し続けることが大切です。