アメリカ・ペンシルバニア州に住む12歳のトランスジェンダーの児童が学校内での性的マイノリティに対する平等を求めるスピーチを職員にしました。

speach
https://www.facebook.com/alisa.bowman/videos/10209101566990422/より

12歳のアリ・ボーマンは体の性は女性ですが、心の性は男性として生まれました。

彼の学校では身体の性(生物学上の性)に基づいて着替えの部屋を区分していたのですが、一人の女生徒が「私は女性だから、男性の見た目をした人の前では着替えられない。トランスジェンダーの人は私たちと同じ部屋で着替えてほしくない」と主張しました。それに伴って、アリ・ボーマンは学校の職員に対して印象的なスピーチを行いました。

→page2
アリ・ボーマンが伝えたいこととは?