LGBT当事者、アライによるレポートシリーズ。
今回はアライになったきっかけについてです。

d97c3c5249adab6ab8b7bbac64c13779_s

私はLGBT当事者ではなくアライです。

元々LGBTに強い関心を持っていたわけではなく、アライという言葉は最近知りました。ではなぜ私がアライになったかというと、大学生になってトランスジェンダーの友人ができたことがきっかけです。

その人の第一印象はボーイッシュな人でした。私は元々恋愛等に関して性別は関係ないという考えを持っていました。
そのためその友人からFTMだとカミングアウトされた時も特に驚きませんでした。しかしその友人の話を他の人に話しても、最初から理解し受け入れる人は多くありませんでした。私はそのことに驚きました。

私はそのFTMの友人を通して、LGBTの人々と交流するようになりました。大学内にも多くのLGBT当事者がいることを知り、見た目だけではセクシュアリティを判断するのは難しいということが分かりました。

私はLGBTが過ごしやすい世界が少しでも早く来てほしいと思っています。
FTMの友人と一緒にいると、トイレや名前の問題が常に目の前にあります。その問題が解決すれば少しは過ごしやすくなるのかもしれません。

今は徐々にLGBTを受け入れる人が増えてきていますが、拒絶する人も一定数います。そういう人たちの意識を変えるのは難しいと思います。しかし意識を変えるのではなく、正しい知識を身につけて認識を変えることはできるかもしれません。私はこのような認識を変える活動がしたいです。