LGBT当事者もしくはアライによるレポート。今回は性自認についてです。

5493df0ff6e04623f48a0a6d6f1d7809_s

私の身体的性別は女だし、性自認としても女だと思う。
しかし、自分が本当にこの性別なのか不安になることがしばしばある。

私の名前は男女どっちにもありそうなもので、名前だけを見た人から男だと思われていたこともたくさんある。
それが嫌だと思ったことはない。むしろ、しっくりくる。

でも考えてみれば、名前に性別が表れるってすごく不思議だ。

似た話題で、一人称が男女で分けられているのもよく分からなかった。

公的な場面では男女共通で「私」と言えばいい。
しかし、私的な場面では「あたし」が女性で、「俺」や「僕」が男性の一人称として認識されている。
私は「俺」を使っては、よく周りから「女の子でしょ」と訂正されていた。そのことに、違和感しかなかった。

きっと私は、自分の性別というものをよく理解できていないのだと思う。
女性なので女子トイレに入ることが習慣となっているけれど、入るたびに間違っていないか不安になり、周りの人々が何も言ってこないのだから合っているのだろうと無理やり納得する。
「女の子」と呼ばれることに違和感がある。

大学に入ってから、いわゆるセクシュアルマイノリティの人と何人か知りあう機会を得た。

今までの生活から、何か漠然とした恐怖のようなものを植え付けられていたのだけれど、喋ってみたらなんてことはない。他の人と変わらなかった。
今まで何を不安に思っていたのか恥ずかしくなったし、申し訳なくなった。

そして、そうした当事者や理解者たちと接していくうちに、自分の感覚も別におかしなものではないのだという自信が生まれた。

思うに、彼らと私たちの間に変わったところはない。
ただ、多数派に属する人たちの多くが見慣れない性質に ぼんやりとした怯えを抱いているだけだ。

そういう性質を持つ人がいることは至って普通のことなのだという見方が広まって、怯えや不安がなくなって、みんなが落ち着いて暮らせるようになればいいと思う次第である。