2016年9月22日に男子プロバスケットボールBリーグが開幕しました。
その中に、LGBTフレンドリーなバスケットボールチームがあるのをご存じでしょうか?

LGBTフレンドリーな「アースフレンズ東京Z」

zprimarylogo_n

アースフレンズ東京Zは、大田区総合体育館をホームアリーナとし、城南エリア(大田区・世田谷区・品川区、目黒区等)をホームタウンとして活動をしているプロバスケットボールチームです。

12月10日、11日の2日間で1600人以上が来場。熱い戦いが繰り広げられています!

img_3101

応援グッズが虹色に

そんなアースフレンズ東京Zでは、全ての方々がスポーツを『観る』『プレーする』ことを楽しむことにより、ユニバーサル社会実現の力になれるよう日々活動しています。
これまでは車椅子の方などが観戦できるユニバーサルシートの設置や、点字名刺の導入などを行われていましたが、新たにLGBTへの取り組みも始まりました。

試合会場で配布されるパンフレットの裏面には、毎回応援用のメッセージがプリントされています。
12月10日、11日開催日に配布されたパンフレットでは、そのメッセージの色が虹色になりました。

%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95

 

当日はLGBTに関するチラシも配布。
Nijiリクルーティングが情報提供し、LGBTの基礎知識を知ってもらう内容になっています。

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a1%a8

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a3%8f

 

今後もアースフレンズ東京Zでは、LGBTフレンドリーな活動を積極的に行っていくとのことです。
みなさんも是非試合に足を運んでみてください!

参照
https://eftokyo-z.jp/