『The Killing』などに出演していた女優のベックス・テイラー=クラウス(22)が、ゲイ(レズビアン)であることをカミングアウトしました。

5bdeb6f167be5df9b32a2363abe0137d_s

彼女は『The Killing』等の作品でバイセクシュアルやレズビアンの役を演じていたこともあり、ファンの間では同性愛者ではないかとの噂が飛び交っていました。

11月17日、彼女はライブストリームチャットサービスのYouNowでファンとのやり取りをする前に、Twitterで以下のツイートをしました。

“hello my name is bex and yes the rumors are true I am v gay,”
(こんにちは、私はベックス、そしてそう、噂は本当よ、私は同性愛者です)

今まで噂に対し、同性愛者ではないと否定してきた彼女ですが、今回カミングアウトするに至って決心したようです。

ファンに、「カミングアウトするにあたって、こわくはなかったのか」と尋ねられた彼女は、「怖かったわ、とてもね」と答えています。

そしてカミングアウトを今回するに至って、「現在、LGBTの団体内や、その周りにあらゆる恐怖や憎しみが存在している現状がある。そして我々は、それらの解決に向かって進んでいくことが今大切なこと。たとえ怖いとしても、堂々とすること、怖いとしても、強くいること。私は私、私が同性愛者であることは誰にも変えることはできないわ」と語っています。

先日の大統領選でドナルド・トランプが勝利しました。この現在の政治情勢が、彼女が同性愛者であるという自分自身に正直に生きることを後押ししたと答えています。

彼女も述べているように、過激な発言を繰り返していたドナルド・トランプが大統領に就任することが決まりました。LGBTなどのマイノリティは、就任が決まった直後から、襲撃に遭うなどの被害が存在しています。

この事実を受けトランプは襲撃はやめなさいとのコメントを出してはいますが、オバマ政権の時期に比べてマイノリティの環境が悪くなっていくことは想像できます。

そのような中で、彼女らのような有名人がLGBTであることを公言することは、アメリカおよび世界中のLGBTにとって、大きな勇気になるように感じます。