cf6a0bada1b4a4eed5bb55b3b4f5447f_s

LGBT当事者もしくはアライによる「セクシュアリティ」に関するレポートを紹介するシリーズ。
今回はあるきっかけでアライになったという方のレポートを紹介します。

私がLGBTアライになったきっかけ

大学三年生の春、一年次から仲の良い友人に突然「女性を好きになることってあるよね」と言われました。
私は人として好きになるという意味だと思ったのですが、彼女は恋愛感情として好きになるという意味だと言いました。そして「おかしなことではないと思っているがこれまで口に出して言うことができなかった」と、言いました。

当時の私はLGBTにまったく知識もなく、関心もありませんでした。ですから彼女の気持ちがわからず、素直にそう伝えてしまいました。

最近、新聞や雑誌などでLGBTというキーワードが登場することが多くなりました。LGBTについて知る機会が増えたことで、当時、彼女が勇気を出して告白してくれたということに気づきました。
この出来事が私のLGBTに関心を持つきっかけでした。

今までの私は、誰が誰を好きになっても自由なのだから、口に出して言う必要性はないと考えていました。
しかし、この出来事をきっかけに、彼女たちは自分は変ではないと思っていても、人と違うことに不安を感じ、ネガティブな感情を持っているということに気づきました。
だからこそ、あえて声に出すことで、ありのままの自分を知ってもらい認めてもらいたい、自分と同じような人と出会い共感しあいたい、と考えるのかもしれないと思うようになりました。

しかし、私はあえて声を出していかなければ不安な社会は変だと思います。人を好きになるもならないもその人個人の自由です。将来的にはLGBTという言葉も聞かなくなり、ごく普通の人だという認識がされる社会になるべきだと思います。