先日札幌市でもパートナーシップ制度が導入されると発表があり、LGBTフレンドリーな自治体がどんどん増えてきています。

今回は、パートナーシップ制度の導入はまだ開始されていないものの、LGBTフレンドリーな自治体を紹介します。

岐阜県関市

岐阜県関市は2016年8月10日にLGBTフレンドリー宣言を行いました。
LGBTへの理解を広め、差別をなくしていく活動として、市職員へのLGBT研修や、学校教育の場で役立つLGBTに関するパンフレット等を制作すると発表しています。

詳しくはこちら
https://nijipi.lgbt/news/670

神奈川県横須賀市

神奈川県横須賀市は、市立病院にて「同性パートナーも手術同意書にサインできる」指針を定めています。
これまで「親族」に限られていた手術同意書へのサインを同性パートナーにも認めたことで注目されました。
その他にもLGBTの理解を広める活動を行っています。

詳しくはこちら
https://nijipi.lgbt/news/849

茨城県水戸市

茨城県水戸市は今年10月にLGBTについて学ぶための研修会を市内で初めて開きました。
この研修会は、市職員に向けて行われ、LGBTの基礎知識の他、どのような配慮が必要かなどが話し合われました。

詳しくはこちら
https://nijipi.lgbt/news/1810

まとめ

今回紹介した3都市以外にも、LGBTに関して取り組みを始めている自治体が増えてきました。
今後もこのような取り組み事例を紹介していきたいと思います。