LGBTフレンドリーシェアハウスが東京都足立区に新設されました。
12月5日から入居者の募集がスタートしました。このシェアハウスでは当事者だけでなく、支援者であるアライの人も入居可能だそうです。

シェアハウスは「Casa Arco Iris TAKENOTSUKA」と名付けられた木造2階建て、新築の一軒家で、4部屋の個室と共用のキッチン、リビングがあります。管理・運営はこのシェアハウス運営のために設立された「けんご株式会社」(東京都港区)が担っています。

ここに住むことで、狭い環境の中で閉じこもって不安になることも無いと思います。また、自分らしく生活することができる場でもあると思います。

LGBT当事者であると、部屋を借りる際にさまざまな困難があるといいます。例えば、同性カップルで一緒に住む場合、不動産会社から二人はどんな関係なのか深く聞かれて困ったり、大家がLGBTに理解がないと入居を拒否されることがあるそうです。このような声に耳を傾け、配慮して作られたのがこのシェアハウスです。

今、シェアハウスブームが巻き起こっていて都内において部屋を借りる際にシェアハウスに住む人が増えてきています。
しかし、LGBTの人はそういったところをなかなか選択しづらいと思います。しかし、当事者もしくは支援者のための部屋であれば悩むことなく入居できるのだと思います。

これから、このような部屋がどんどん増えてどんな人でも利用できるようになればいいですね。

また、セクシュアリティで悩んでいて孤立しがちだった人でも、この場で分かり合える人を見つけることができるかもしれません。

地域や社会が変わるきっかけになるかもしれないこのシェアハウス。どんどん東京を中心に新設されていくといいですね。

参考URL
https://casa-arcoiris.jimdo.com/