2016年5月14日、メディアを中心にLGBTへの理解を促す団体「GLAAD」によってニューヨークで開催されたセレモニーで、マライアキャリーがアライ賞を受賞し、スピーチを披露しました。

アライとは、LGBTを理解し、支援する人たちのことを指します。

マライア・キャリーはスピーチでLGBTQのそれぞれの意味をこう説明しました。
「LGBTQはね、Legendary(伝説的な)のL、Gorgeous(ゴージャス)のG、Beautiful(ビューティフル)のB、Tantalizing(たまらなくセクシーな)のT、そしてQuality(気品ある)のQなの」

海外では著名人がLGBTであることやアライであることをオープンにすることは珍しくありません。
こういった著名人の活動が、LGBT当事者に勇気を与えるといったポジティブな効果もあります。