現在ではテレビや本などのメディアなどにも取りあげられてLGBTの存在に目を向けられることも多くなってきました。
以前よりも注目されることで、多様な生き方を受け入れる世の中に変わってきたように感じます。

しかし、イベントや交流の場は都会にだけ多く存在し、地方のLGBTにはそういった機会が圧倒的に少ないです。そういった環境の違いが、LGBTの地域間格差を生み出しています。

都会は人とつながれる機会がある

都会ではコミュ二ティや人が多く存在していて、LGBT同士で簡単につながることができます。
また、情報も豊富にありふれていて当事者とも支援者とも関わりを持つことができます。「一人じゃない」と感じることができるのです。
自分の居場所や共同体を容易に見つけて、選択することまでできるのです。

NEXT ページ
→地方のLGBTは孤立しがち?