問題点

ゲイやLGBTという存在が認知されるようになることはとてもいいことだと思います。
知らないが故の嫌悪感、偏見は確かに存在しています。

しかし流行り、ブームと言ってしまうと、受け手としては、「今はすごく増えているけど、また数が減る」とか、「私には関係ないし、放っておけばブームも終わるでしょう」と思われてしまう危険があります。

もちろん、私はLGBTに関する問題を一時的なものにはしてほしくないし、ストレートにとっては蚊帳の外で流行っている他人事、と捉えてほしくもありません。

また最近話題だから数が増えた、も大きな間違いで、ゲイやLGBTという言葉が認知されるよりずっと以前から、見えないところで彼らは存在していました。

まとめ

LGBTという言葉を聞く機会が増えた=流行りだ、と感じてしまうのはある程度仕方ないことかもしれません。
しかし一時的な流行りと思われたものが衰えることなく続き、人々の生活に根付くこともあります。

LGBTという言葉にも問題があるとされるので、今後呼称の変更はあるかもしれません。しかし呼び方が変わったとしても、LGBTの問題が一過性のものにならないように、当事者非当事者問わず、私たちは考え続けていかなければいけないと思います。