世界中で今、多様な性が認められつつあります。世界各地で同性婚が認められたり、性別に関する配慮も見られるようになってきました。
過去に比べて十人十色の性や生き方を容認するような動きが目立ちつつあるのかと思います。今回はLGBT先進国であるタイの性別分類についてご紹介します。

タイの性別の分類は男性と女性、ゲイ、レズビアン、レディボーイ(女性の格好をした男性)、トムボーイ(男性の格好をした女性)、男性と女性のバイセクシャルがあり、さらに細分化すると18の性別が存在するとも言われています。

タイでは現行の法律では性別を変えることができません。
そのため、レディボーイに対しても「男性」として徴兵検査が課せられるものの、風紀などを考慮し兵役は免除されます。
しかし、免除理由が「精神障害者」扱いであったため、当事者から抗議が寄せられていました。現在制定中の新憲法では「第三の性」が明記される見込みであるといいます。

18の性別区分
1、プシャーイ 女性と付き合う男性
2、プーイン 男性と付き合う女性
3、ゲイクイーン 男性が好きなゲイ男性(日本でいうネコ)
4、ゲイキング 男性が好きなゲイ男性(日本でいうタチ)
5、ボート 女性も好きになることがあるゲイ男性。
6、レズビアン 女性が好きな女性
7、トム 男性の格好をした女性
8、ディー 男勝りな女が好きな女性
9、トムゲイ 女性もトムもディーも好きになる女性
10、サムヤーン 女性もレズもトムもディーも好きになる女性
11、トムゲイキング トムが好きでタチのトム女性
12、トムゲイクイーン トムが好きでネコのトム女性
13、トムゲイツーウェイ トムが好きでタチネコが好きになるトム女性
14、トムクイーン トムが好きな女性
15、アダム トムを好きな男性
16、アンジー トムを好きな女性の格好をした男性
17、チェリー ゲイと女性の格好をした男性が好きな女の子
18、レディーボーイ 女性になりたい男性

日本では信じられないような性別の数ですね。
比較的、タイでは人々がLGBTに寛容であると言われています。しかし、まだ差別や偏見も見られるといいます。その点でいうと、日本は存在すら知らない人もいて知識が無い人が多い気がしました。日本がこれから多様な性を理解できる国になるといいですね。