twitterでも様々な絵文字が使えるようになり、その種類は多彩です。

その中に、LGBTな絵文字があることをご存知でしょうか?
今回は、twitterで使えるLGBTな絵文字をご紹介します。

レインボーフラッグ

LGBTを象徴するレインボーフラッグが絵文字には存在します。

レインボーフラッグは旗のカテゴリーの中にあり、「レインボーフラッグ」と入力すると検索結果に出てくることがあります。

同性カップル

カップルの絵文字は複数ありますが、その中には男性同士のカップル、女性同士のカップルの絵文字もあります。
小さくてややわかりにくいのですが、絵文字名には「キス(女性、女性)」といった表記があります。
「カップル」「キス」「ハート」「二人」といったワードの検索で出てくることがあります。

多様な家族の在り方

家族についても、多様な在り方が絵文字で表現されています。

異性カップル、シングルマザーやシングルファーザーの他、同性カップルの家族の絵文字もあります。
こちらも小さくてややわかりにくいのですが、絵文字名には「男性、男性の家族」といった表記があります。

これらの絵文字は、スマホでも使用することができます。
また、twitterでは人のアイコンの肌色を変え、白人や黒人などにすることができます。
twitterがセクシュアリティや人種など、多様性を尊重しているということを感じます。