LGBT当事者orアライによるレポート。今回はLGBT当事者の家族についてです。

最近20~30代のレズビアンの間に「妊活」が広まっているそうです。
LGBT家族を応援する団体「にじいろかぞく」の代表、小野春さんは、以前の異性結婚で授かった男の子2人と、そして離婚後に出会った同性パートナーとその娘と、10年ほど前から暮らしています。

2人の関係については、同棲当初から子どもに言わずとも隠していなかったが、5年前、都内のホテルで開催した結婚式を機に、彼らに正式にカミングアウトしたといいます。
以後、どこにでもいるような仲良しの5人家族として生活をしています。

「私たちのなかでは、ごくごく普通の当たり前の家族。親しい友達や家族、親戚などには言っていて、理解もしてもらっています」。
子どもたちの学校ではカミングアウトしていないが、2人は保護者として同様に認識されていて、互い先生たちに「もう1人のお母さん」として自然に接してもらっているそうです。悩みもあるが、ある意味、日常生活のなかでは一般の家族同様に受け入れられているようにも感じ取れるそうです。

以前の異性結婚でできた子どもを育てるLGBT家族が多いですが、人工授精で子どもを産んで育てている女性のカップルも数年前から着実に増えています。
里親になる同性カップルもいるそうです。そして以前より、妊娠をするために行動を起こすレズビアンが急増しています。
たとえば人工授精や施設などについての情報交換などが行われているそうです。そんな彼女たちをテレビなどで見て、自分たちも様々な方法で子どもが産めることに気づき行動を起こし始めたレズビアンが多いのです。

~感想~
同性同士でも結婚し子供ができて楽しい生活を送ることができると思うと、不安にならずに将来に希望を持てる同性愛者の方も多いのではないのでしょうか。
一方で同性愛者の間に生まれたり、育てられた子供はコミュニティ内で差別を受けやすい傾向にあるそうです。そういった二人の間の子どものこれからの問題も考えていくことが大事になるでしょう。
日本でも同性愛者はこれからも増え続けていきます。その中で、同性愛者の子どもの権利の保障は守られなければなりません。いじめなどに苦しまないような行政や地域、学校、企業の取り組みがこれからも注目されていくでしょう。