LGBT当事者orアライによるレポート。今回はLGBTであることをカミングアウトされた時の対応(職場編)です。

今後どの範囲にカミングアウトするのかを聞く

これは友人にカミングアウトされた際と共通です。例えば、仕事における悩みを打ち明けられる人事部の一部のみに相談し、今後社内では隠し続ける場合もありますし、まずは部署内でカミングアウトし、いずれは社内全体に伝えるつもりかもしれません。
これはカミングアウトをされた立場として、把握しておかなければならない点です。

特別扱いしない

カミングアウトをする前と後で、態度を変えてはいけません。相手は以前と変わらない社員です。上司や役員として、冷遇することも優遇することもする必要はありません。カミングアウトをした側は、何か特別扱いをしてほしくてしたわけではないと思います。
以下で述べますが何か配慮が必要な場合は別として、今まで通り接することが必要でしょう。

会社、社員としてできることを聞く、考える

カミングアウトをした際に、何か特別な配慮を望んでいる場合とそうでない場合があるかと思います。また、カミングアウトをされた場合の役職によっても、相手のためにできることは変わってくるかと思います。
LGBTに対する配慮としては、以下のようなものがあげられるかと思います。

・結婚や恋愛など、異性愛を前提としない(配偶者手当などの制度の見直し)
・トランスジェンダーの場合、ジェンダーフリートイレや更衣室の設置
・男女によって異なる制服や業務内容がある場合は、見直し

もちろんすべてをすぐに実行できる訳ではありません。当事者と話し合いつつ進めていくのが理想だと思います。
設備や制度ではなく意識の問題を変えていくことは、すぐに始められることです。
また当事者から要望があってから見直すだけではなく、非当事者も常に何か問題はないかを考えていくことが必要だと思います。

最後に

職場でのカミングアウトについては、する必要がないと割り切っている人も多くいます。
それでも、その人がカミングアウトをしてきた意味はなんでしょうか?人それぞれではあるかと思いますが、何か望んでいることがあるからだと思います。
仕事とプライベートは分けるという考え方はありますが、会社でも人と人とのコミュニケーションは不可欠です。
カミングアウトされたら、それを機にさらに良好な関係が築けるといいですね。