LGBT当事者orアライによるレポート。今回は息子のメイクを非難された父親のメッセージです。

コスメブランドの「メイベリン」は今年1月に、人気インスタグラマーのマニー・グティエレスさんを、初の男性アンバサダーに選出すると発表しました。

元医学部生で約300万人ものフォロワーがいるグティエレスさんは、同ブランドのマスカラを付けてメイクアップした画像をツイッター上に投稿しました。

男性がメイクを施したり、一般的に女性がする服装をすることに批判的な意見を持つ人もいるでしょう。
中でも、保守系ニュースサイトに寄稿するマット・ウォルシュは、グティエレスを非難する、こんな投稿をしました。

「お父さんたち、これを見てくれ。こんなことになってしまうから、父親もちゃんと子育てをしなきゃいけないんだ」

それに対して、彼は「お父さんは僕のために仕事を手伝ってくれているよ。それに、僕を誇りに思ってくれているよ。残念だけどね。」とコメントを返しました。さらに付け加えて彼は「男らしいというのは「強く」「たくましく」あるということではなく、愛する人たちを大切にするということだ。」と男らしさについても発言しました。

息子を批判されたグティエレスの父親も、息子を通じてウォルスに対してこのようなメッセージを送ります。

「ウォルシュさん
マニーの父です。まず最初に、私はこれまでずっと息子の味方であり、いつでも息子のそばにいるということをあなたに伝えたい。息子がこれまで成し遂げてきたことを自慢にしているだけではありません。彼が素晴らしい人間に育ったことを、心から誇りに思っています。

あなたはきっとLGBTコミュニティに知り合いがいないのでしょう。だからあんな発言をしたのだと思います。もし知り合いがいたら、彼らが世界中で最も誠実で親切なグループの一つであると、すぐにわかるでしょう。今後、あなたの発言や行動を、注意深く観察させてもらいます。あなたが、自分の家族を守るために何でもするのと同じように、私も私の家族を守るために何だってします」

まとめ

お父さんの息子を思う気持ちに胸が熱くなりました。
ここまで、誇りに思っていて愛情を注いでいることを言葉で表現されたら、きっと息子のマニーさんも幸せな気持ちになっただろうと思います。