LGBT当事者orアライによるレポート。今回は友情結婚についてです。

同性婚の認められていない現在の日本では、ヘテロセクシュアルではない人にとってその選択肢はないものになっています。
偽装結婚や友情結婚という言葉をきいたことあるでしょうか?今回は日本初の友情結婚支援サービスについて紹介します。

友情結婚・偽装結婚とは?

友情結婚とはその名の通り、恋愛ではなく友情が成立している2人の間の結婚です。
同性愛者やAセクシュアルの人は、異性と恋愛をして結婚する、というプロセスは踏むことはありません。しかし、家族など世間からの結婚へのプレッシャーは、生涯独身の割合が増えたとはいえど存在します。
このような場合に仲のいい異性と、「家庭を築く」ことができるのが友情結婚です。
一般に偽装結婚というとそのイメージは、犯罪や在留資格をとるためのネガティブなものでありますが、友情結婚はそうではなく、お互いの利害が一致した場合に成立します。

友情結婚相談所

友情結婚相談所カラーズ(https://www.colorusfsb.com/)は、日本初の友情結婚をしたい方のための結婚相談所です。
もともと婚活支援事業を行っている会社が運営しているため、安心できるサービス化と思います。

どのような需要があるのか

同性愛者(ゲイ、レズビアン)の方からの需要はあるかと思います。その他には、バイセクシュアルからの需要もあるかと思います。
その他、ノンセクシュアルやAセクシュアルなど、異性との性的接触に抵抗のある人からの需要もあるそうです。

友情結婚を望む理由については、上記で述べたように親や社会的なプレッシャーによって、結婚することで周りを安心させたいというものがあります。
他にも、生涯独身であることがさびしい、という理由で家庭を求める人がいます。
また、異性との性的接触を望まない場合でも、子供が欲しいという人も存在します。友情結婚をした家庭で子供を育てるのであれば、傍から見ればごく一般的な家庭であるため、友情結婚をするメリットはあるかと思います。

最後に

年頃になれば異性と結婚し、子供を育てるという慣習は、日本で伝統的に続いているものです。田舎であれば、都心部よりもそこに対するプレッシャーは大きいものです。

しかし、本当に恋愛対象として好きな異性と結婚して家庭を持つことだけが幸せの形ではない、と私は思います。
伝統に縛られない、新しいライフスタイルの方法の1つとして、友情結婚を視野にいれてみてはいかがでしょうか。