LGBTに関連する映画紹介。今回は現在上映中の「ムーンライト」を紹介します。

ムーンライトとは

主人公シャロンの少年時代、高校生時代、青年時代の3つの時代を描いた作品です。

少年時代のシャロンは内気な性格で、学校ではいじめの標的にされてしまいます。唯一の友達は同級生のケヴィンです。
シャロンはそんなケヴィンに惹かれていきます。

高校生になったある日の夜、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れることに。
しかしその翌日、学校ではある事件が起こります。

LGBTQ作品初、アカデミー作品賞受賞

自分の居場所を探し求める主人公の姿を色鮮やかな映像と情緒的な音楽でつづったムーンライトは、北米で大ヒットし、数々の賞を受賞しました。

第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞
第89回アカデミー賞®では作品賞・脚色賞・助演男優賞(マハーシャラ・アリ)の3部門受賞

LGBTQをテーマにしたラブストーリーが、作品賞を受賞したのはアカデミー賞史上初です。

LGBTに触れ合う

人種、年齢、セクシュアリティを越えた普遍的な感情が描かれているムーンライト。
純粋で美しい愛の映画として話題になっています。

LGBTの幼少期を描いた作品はあまりなく、LGBTについて知る機会、多様な個性を持つ人が生きやすい社会にするためにはを考えさせられる映画にもなっています。