LGBT当事者orアライによるレポート。今回は保険証についてです。

京都府酒販国民健康保険組合が、戸籍上は男性ですが女性として生活している京都市の50代の会社経営者について、保険証に通称の女性名を記載することを認めました。保険証において通称名の使用が認められるのは極めて珍しいといえます。

一般に「通称名」とは外国籍の者が日本国内で使用する通称名を指します。また、トランスジェンダーの人が使用する戸籍上とは異なる名前を指すこともあります。

経営者は2012年にGID(性同一性障害)と診断され、2014年春に性別適合手術を受けました。ホルモン治療を受け、化粧をするなど普段から女性として暮らしています。子どもがいるため、戸籍上の氏名は日常生活への影響を考えて変更していないそうです。
そのために、病院で男性名で呼ばれたり、人間ドックでは男性用の更衣室に案内されて、ストレスを感じていました。

経営者は本人が加入している組合に相談をしました。そして、差支えないという厚生労働省の判断で通称名の使用が可能になりました。今までは、改名をしていないと保険証の氏名は変更できないという認識がありました。しかし、これによって手術をしていない方にとっても大きなメリットとなると思います。

通称名の使用についてはいくつかの大学や企業で使用を認めているところもあります。しかし、保険証や公的な身分証において認められたということはすごいことだと思います。普段から自分の戸籍上の名前に違和感を抱いている人たちにとって喜ばしいニュースですね。

トランスジェンダーが生活上で抱える悩みはたくさんあると思います。少しづつ周りの理解を広めていけば、自分が過ごしやすい環境を作り出すことが可能かもしれません。この経営者のように、積極的に行動してみると良い方向に進むかもしれませんね。