LGBT当事者orアライによるレポート。今回は同性カップルの同居についてです。

東京都世田谷区が、同性のカップルも区営住宅に入居できるようにする方針を決めました。

世田谷区は、原則親族などに限られていた家族向けの区営住宅で、同性カップルが入居できるよう条件を変えることに決定しました。住民票などで一緒に生活していることが確認できた同性カップルも、対象に加えるといいます。

世田谷区は2015年、同性のカップルを公認する制度を導入しました。法的拘束力はないものの、結婚に相当する関係を渋谷区の“パートナーシップ条例”に次いで認めました。この制度によって、区は不動産会社に、同性カップルであることを理由にして入居を拒否しないように求めてきました。

区営住宅の入居は、制度を利用しているかどうかは条件とせず、幅広く応募できるようにするもので、ただし、入居希望者が多いため、他の人と同様に、抽選や所得などの条件を満たした場合に入居が認められます。

同性カップルの公営住宅への入居が条例に明記されれば、渋谷区に次いで2例目となります。

これによって世田谷区で同性カップルの入居が認められればいいですね。
渋谷区のパートナーシップ条例をはじめとして、いくつかの自治体で同性カップルに配慮した制度が作られてきています。しかし、一方で、地方ではこうした制度がまだまだ整っていません。理解や知識も少ない状態です。都会だけ制度が整うと、地方との格差が余計広がってしまうような気がします。
都会だけではなく、地方でも同性カップルに配慮した試みがなされると良いですね。

LGBTインタビューvol.6 世田谷区の同性パートナーシップ