LGBT当事者orアライによるレポート。今回は変化する日本の同性愛です。

同性愛の歴史

明治以前の日本ではLGBTという言葉はもちろんありません。そのような概念もありませんでした。
しかし「同性愛」については現在よりも割合が高く、世間でも寛容であり、特に男と男が愛し合うことは異常なことではありませんでした。平安時代では親戚同士になった貴族が肉体関係になることは日常的のことでした。また、寺のお坊さんは女性との性的な関係が禁じられていたため10歳前後の男の子が対象となりました。戦国時代には織田信長や武田信玄などもそうだったと言われています。さらに江戸時代では「愛の交流会」と呼ばれるものが流行り、一般武士や町人のレベルまで広がりました。これは「男色」と呼ばれており、主に年上の男が年下の少年を愛するという行為のことです。宗教的にも日本で同性愛に対する規制も特になく、平然と受け入れられていました。

同性愛の禁止

しかし江戸幕府が倒れ明治維新が起こると、西洋文化が流入し、キリスト教の教えの影響で「同性愛禁止」の考えが徐々に日本でも広まっていき、「同性愛」を異常なものとみなすようになりました。
明治13年(1880年)には男色行為の一部が刑事罰の対象とされていた時期もありました。そのような規制は一時的なものではあったものの、そのような異性間の恋愛を尊重する風潮が続いており、現在でも世界の主流の考え方であります。その後、1990年代に入ると医学的にLGBTは障害ではなく、いかなる意味でも治療の対象にはならないと宣言しており、まだまだ一般的ではないものの2000年代に入ると芸能人がカミングアウトするなどの影響もあり、同性愛者への理解が進むようになりました。

まとめ

以上のように同性愛に関しては時代の流れが進むにつれて偏見が厳しくなってきました。つまり日本の文化でもあった「男色」が「良いこと」から「悪いこと」へと変化していったのです。このような事例からも日本という国は価値観が変わりやすい国民であり、流行に流されやすい国民だと思います。そのため今のこのLGBTに対する理解も早く進む潜在的な力もあると思います。時代に逆行して、「男色」を復活させ流行させるのではなく、「LGBTを理解する」という新しい価値観を広めていくことの大切さを感じます。