LGBT当事者orアライによるレポート。今回はLGBTと政治前編です。

フランス大統領選の結果が現在毎日のように報道されています。極右である国民戦線(FN)のマリーヌ・ル・ペン党首が最終候補に残った際、ある記事を見つけました。
『フランスのゲイはなぜ極右政党に投票するのか(NEWS JAPAN)』という記事です。
今回はこれを読んだうえで、LGBTと政治について書きたいと思います。

政党の公約について

選挙の候補者は、選挙前に投票を集めるために公約を掲げます。現在社会にあるこの問題を解決するために、どのようなことを行うか、ということを示すことによって、支持を獲得します。

日本ではあまり多くはありませんが、その中の公約の1つとして、「同性婚実現」を掲げる候補者がいます。実際に同性婚が現在認められている国はいくつかありますが、もちろん昔から同性婚ができたわけではなく、政治家の地道な活動が実を結び実現したものです。

同性愛を支持=投票する?

今回のフランス大統領選では、国民戦線(FN)の党首が同性婚を禁止すると公言しているにも関わらず、同性愛者からの票が集まっているということでした。

「同性婚合法化を実現します!」と公約を掲げる候補者が出馬した際に、同性愛者全員がその候補者に投票するでしょうか。

もちろんそんなことはありません。同性婚を実現する、という部分には賛同できても、他の部分での公約に賛同できなければ、その候補者に投票することはないでしょう。
たとえば、私は同性婚を望んでいますが、同性婚実現を掲げる候補者が「徴兵制を復活させて北朝鮮との戦争を始めます」と言っていたら、投票は別の人へすると思います。

同性愛者や両性愛者で、同性婚を望んでいるからと言って、それが人生において一番大切なこととは限らないからです。

同性婚が当たり前になっていないうえでの悲しさ

同性婚が実現される前の間は、同性婚の賛否が誰に投票するかの1つの判断基準になる人がいます。
もし同性婚が実現されたなら、「また同性婚を禁止する」と言う人には投票したくない、となるだろうと思います。

しかし考えてほしいのが、「異性同士の婚姻を禁止する法律を作る!」という公約があり得るでしょうか。想像つきませんよね。
 婚姻制度は当たり前になりすぎて、禁止するかの議論にもならないわけです。つまり同性同士の結婚も異性間の結婚と同じくらいに当たり前になれば、もっと別の要因で投票することができるということです。

最後に

選挙権が18歳以上に引き下げられました。若者の投票率が低いとずっと言われています。
正直、学生であるうちは政治自体に興味を持ちにくいと思います。それはあまり身近でない、という意味です。

私が20歳ではじめて選挙に行く際注目したのが、各政党のLGBTへの態度でした。政治に対する関心もほぼなく、それ以外の面での違いもよくわからなかったため、一番身近でわかりやすい部分に注目しました。

最初のうちは、私のような例で選挙に参加するのでもいいのではないかと思います。投票しないということは、意見をもっていても意見がないのと同様です。

もちろんLGBTに関すること以外の部分にも注目してほしいですが、多くの人の意見が政治に反映され、社会全体がよくなっていってほしいと思います。