LGBT当事者orアライによるレポート。今回はアセクシュアルについてです。

ゴールデンウィークに開催されたTOKYO RAINBOW PRIDE2017は、来場者数が10万人を突破したそうです。その中のLGBT当事者が何割いたのかはわかりませんが、数年前に比べると非当事者、いわゆるストレートの人でもこのような活動に参加をする人は格段に増えたと思います。

「色んな愛の形があっていい」「自分らしく生きることができる社会を」

このような言葉を掲げてパレードを歩いたり、ブースを出展しているのをいくつも目にしました。しかし私はまだまだ、世間に可視化されていないセクシュアル・マイノリティはたくさんいると思います。

アセクシュアルとは

Asexual(アセクシュアル)とは、性指向の1つで、日本語では無性愛と訳されます。他者に対して、恋愛感情や性的欲求を抱かない人のことを指します。

誤解されがちなのですが、友情という意味で人を好きになるということはあります。あくまで恋愛対象としての好きという感情を抱かないということです。

アセクシュアルへの理解

ふと見渡してみると、この社会は本当に恋愛することが前提で成り立っていると感じます。一昔前までは異性愛ばかりでしたが、最近同性愛について認識されはじめています。「愛に性別は関係ない」と言うことなんて、つい数十年前までは考えられなかったでしょうから、ずいぶんと変わってきているだろうと思います。

しかしやはり、性別は関係なくても恋愛を誰しもがすることが当然のようになっていると思います。交際経験がないというだけでも、20歳位になるとかなり珍しがられます。特に学生時代においては、好きな人がいないと言うと、無理やりにでも気になっている人をきかれることもありました。修学旅行の夜などに、このような経験をした方も多いのではないでしょうか。

LGBT関連の活動でも、同性愛やトランスジェンダーについてのものが多くて、恋愛をしないという選択肢はあまり語られることはありません。LGBT当事者の中でもアセクシュアルという言葉自体きいたことがなかったり、知っていてもいることを忘れている場合が多い気がします。

これからのLGBTの認識

LGBTという4文字、4つのセクシュアリティについては認知度は高いですが、それ以外のセクシュアル・マイノリティはまだまだ認知されていません。アセクシュアルの他にも、両性や無性などのXジェンダーや、トランスジェンダーではない異性装などもそうだと思います。(異性装がセクシュアル・マイノリティかは微妙かもしれませんが)

人間は誰しも同性か異性と恋をし、性行為をする。人間の性別は男女2パターンのみ。このように思われているのをだんだんと変えていくのが次の段階ではないでしょうか。