就職活動をはじめてなかなかすぐに慣れないのが敬語です。尊敬語、謙譲語、丁寧語の区別はもちろん、書き言葉と話し言葉での敬語も異なっています。
今回は、手紙やメールを送信する際に宛名に付ける敬称についてです。

「様」と「御中」の2種類

なにか書類を郵送する際や、メールを送る際には宛名が必要です。
特にメールの場合忘れる方もいますが、送り間違いではないことを示すためにも宛名は忘れずに書きましょう。
「御中」については特に使い慣れない言葉だと思うので、今回でばっちり使い分けできるようにしておきましょう。

「御中」をつけるときの例

「御中」をつけるのは決まって企業や団体名のあとに用います。

株式会社 Nijiリクルーティング 御中
特定非営利法人 〇〇会 御中

などですね。そのほかに部署名などにつけることも可能です。

株式会社 Nijiリクルーティング 人事部 御中

のような使い方です。

余談ですが就活以外で懸賞やアンケート等で企業へ郵送をする機会があるかと思います。
その際企業が既に用意している葉書や封筒を使う場合、~~宛や~~行となっているかと思うのですが、マナーとして正しくはこの「宛」や「行」を消して、御中と書き加えるのがよいとされています。

「様」をつけるときの例

「様」に関しては、名前のあとに用いるものです。こちらは使い慣れている人もいるのではないでしょうか。名字しかわからない場合は「佐藤様」と書きますし、フルネームが分かればフルネームで書きましょう。
就活において送り先の名前が分かっている場合は会社名や部署名も分かっているかと思うので、そちらもあわせて記入します。

株式会社Nijiリクルーティング
人事部 人事採用課
新卒採用担当 佐藤様

以上のような形ですね。この場合、人名の後に様を付けるので、会社名や部署名の後にはなにもつけません。

振り返り

団体名であれば「御中」、個人名であれば「様」を使います。
細かいルールですが、これができていないとしっかりしていないと思われてしまうので、気を付けて使い分けましょう。