ドナルド・トランプ氏がアメリカの大統領となりました。
同性婚など、LGBT当事者の権利がどうなるのかも、注目されています。

8d3cc9e9ea2aeb7389201d0aff970ae5_s

アメリカ国内最大のLGBT権利団体は、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアルやトランスジェンダーのアメリカ人のための保護を強化するため、連邦政府全体に大胆な努力をするように、大統領に呼びかけています。

人権キャンペーン(Human Rights Campaign=以下HRC)は、70以上の具体的な政策変更を促す選挙後にレポートをリリースする準備をしていて、それは連邦政府のプログラムでLGBT差別を禁止し、性自認と性的指向を含む、ジェンダーの多様性への政府全体のコミットメントを示しました。

「過去8年間、オバマ政権は、この国の建国以来、LGBTQコミュニティを悩ませてきた連邦政府の不平等な差別的インフラを解体してきました。

しかし、驚異的な連邦政府の進捗状況の年をきっかけに、LGBTQコミュニティは、自身が岐路に立っていることに気がづきました。まだ行われていないことがたくさん存在していることに」

HRCは、1月19日に民主党の大統領候補としてヒラリー・クリントン支持を表明しました。
HRCは、ヒラリー・クリントンは同性結婚を合法化した2015年の最高裁判所の決定を支持し、最高裁判事を任命するために働くだろうと述べています。

しかし、結果的にはアメリカ次期大統領は、ドナルド・トランプ氏となりました。
彼は2000年から「伝統的な結婚」を支持しており、LGBTに批判的だともいわれています。しかし、選挙中にはレインボーフラッグを掲げるというパフォーマンスも行っています。

今後、LGBTに関してトランプ氏がどのような立場をとるのか、LGBT関連団体も彼の動向に注目しています。

参照
https://www.washingtonpost.com/news/powerpost/wp/2016/11/07/top-lgbt-rights-group-calls-for-stronger-protections-diverse-cabinet-appointments/