ce2b61ae18cca388c6d79598644852e0_s

トランスジェンダーなどのLGBT学生は、体の性、心の性、どちらのトイレを使用するべきか?

アメリカでは今、これについての論争が起こっています。
(アメリカで物議を醸す「トイレ法案」とは?https://nijipi.lgbt/life/844

LGBTは性自認のトイレを
使ってもよいか

アメリカでのトイレを巡る論争、これまでの流れは以下の通りです。

2016年2月
ノースカロライナ州のシャーロット市が、「LGBT学生が性自認のトイレを使ってよい」とする条例を可決

2016年3月
ノースカロライナ州が、シャーロット市の条例を「無効」とするための州法を可決

2016年5月
オバマ政権がノースカロライナ州の州法は「違憲である」として同州を提訴
連邦の性差別に関連する法律を市民権の問題として引用し、学校はトランスジェンダーの学生が自身の性自認と一致するトイレの使用や、学校設備の使用を許可しなければならないとしました。
この決定は「タイトル9」と呼ばれています。

こうして、トランスジェンダーなどのLGBT当事者が性自認のトイレを使ってもよいかどうかについての論争が繰り広げられてきました。

テキサス州はオバマ政権に反対

オバマ政権の「タイトル9」に反対するのは現在13州。そのうちのひとつであるテキサス州は、「タイトル9」を不服とする訴えを起こし、8月21日に「タイトル9」の法的効力を強制的に停止しました。

つまり、テキサス州はトランスジェンダーなどのLGBT当事者が性自認のトイレを使ってはいけないとしているのです。

LGBTのトイレ使用にまつわる論点

LGBT当事者のトイレ問題では、以下のような論点で争われています。

・LGBT当事者が性自認のトイレを使えないとするのは、差別ではないか

・どちらのトイレを使うか自由に選べるようになることが、犯罪につながるのではないか
(=性的嗜好の目的で使用する人が現れるのでは?など)

・オバマ政権の「タイトル9」は正当な手続きを踏まえた決定ではない。権限を越えての規制ではないか

テキサス州の決定には賛否両論

テキサス州の決定に対しは様々な意見が出ています。

賛成派

ACLU(アメリカ市民自由連盟)
この不幸で時期尚早な判決は単にトランスジェンダーの学生を混乱をさせるだけでなく、トランスジェンダーを支援している学校や学区を混乱させうるものです。

トランスジェンダー平等の為の公立センター ハーパージャン政策担当官
「生徒、親、そして関連コミュニティはまだ権利を訴え続けることができます。そして私達は差別を続ける学校を訴えることを期待しています。そして私達はほとんどの学校が差別のない、正しい選択をすると期待しています」

反対派

アラバマ州司法長官のルーサーストレンジ
アラバマ州のトイレ政策を「ワシントンの社会実験」から阻止するために訴訟に参加していたと述べました。ストレンジは判決を「すべてのアラバマ州の親と子供のための勝利」と呼びました。

ジェームズ・ランクフォード上院議員
テキサスの判決は有効だとする見解を述べた。「私達が繰り返し述べているように、オバマ政権によるトイレと更衣室に関する指示は、大統領が移民や、環境規制などほかの問題に取り組んでいる時と同じように、新しい規制を作る際の正当な手続きを踏んでいない」「どこの学校もいじめや差別があってほしいとは思っていないが、教育省は国家教育委員会として、すべての学区に対して解決策を課す権限はもっていないと考えています」

 

アメリカのトイレ問題の続報です。
アメリカは「州」の権限が大きいです。そのためテキサス州の決定は、アメリカ全土に大きな影響を及ぼしています。
LGBTのトイレ使用を巡る議論の論点には、問題の本質とは異なることも含まれており、議論が長引いています。
よりよい方向へと動いていくことを期待しています!

koasenseこあせんせー

 

この記事を書いた人

koasenseicon
こあせんせー
早稲田大学法学部卒のストレートアライ。
時事ネタ、法律関係が得意。趣味は将棋とモノポリー。