LGBT当事者もしくはアライによる「セクシュアリティ」に関するレポートを紹介するシリーズ。
今回のテーマは「Xジェンダーと就活」です。

482f29eff26bef94c53020303b16e4c7_s

Xジェンダー就活生の体験談

私自身、LGBT当事者として就職活動を終えた身です。今回は自分の体験を基にLGBTの就職活動をお話しします。

私はLGBTのTの中のXジェンダー(MTX)を自認しています。
男女で分けられたものに苦しさを覚えるため、スーツを着ることに抵抗があります。もちろん男女別のキャリアパスがあることも嫌なため、その点を見ながら就職活動をしていました。

就活時の企業選びの軸

就職活動を始めたとき、私はLGBTであることを武器にLGBT向けのサービスや商品を作りたいという軸で就活をしていました。しかし前回の記事(【就活体験談】Xジェンダーという個性を就活でどういかすか?)でも述べた通り、これが就活における武器にはなりません。

アパレルメーカーを受けている際に言われたのが、「男女に捉われないブランドは面白いとは思うが、市場規模を考えたときにビジネスとするのは難しい」ということでした。

13人に1人と言われるLGBTといっても服装に関する悩みを持つのはその中のさらに一部、そこにターゲットをしぼってビジネスをするのが難しいことは明白でした。

就活時のリアルな体験

LGBTに理解のない企業がたくさんあるというのは、就活前から聞いたことがあり、頭ではわかっているつもりでした。でも実際にそういう説明会や選考現場を目にすると、思っていた以上に嫌だという気持ちが強くなりました。

ある企業の説明会で会った人事は、中性的な雰囲気の男性新入社員をホモネタで終始いじっていました。
学生の前でユーモアのあるおじさんを演出したかったのだろうと思いますが、その場にいた私はとても耐えられませんでした。

別の企業では、セクシュアリティは仕事内容に関係ないと求人ページに書かれていましたが、説明会の場では男性だけが入るシフト勤務があるといわれました。しかもその勤務は説明を聞く限りでは男性しかできないとは思えない内容でした。

そのような経験を経ていくうちに、私は企業を探す際にLGBTフレンドリーを謳っているということを最優先にしていくようになりました。
選ぶ範囲はぐっとせばまりましたが、就職してから嫌な思いをするかもしれないなら、行かない方がいいと思ったのです。

LGBTフレンドリー企業とは?

企業数として決して多いとは言えませんが、LGBTフレンドリーを掲げる企業は増えてきています。

またLGBTフレンドリーと掲げなくても、実際にはフレンドリーな企業も増えてきています。またそういう企業は求人数が増えるという事実があります。
ただ、そういう企業でも
社員全員に正しい知識があるかはわからないのが正直なところです。

100点満点を求めるのは難しいかもしれませんが、フレンドリーを謳っている以上、カミングアウトを選考でした際に不利になったり嫌な思いをすることはないはずなので、直接社員の方に社内環境など気になることを質問をするのが一番だと思います。

就活を終えて

就職活動は他の人に比べ長期にわたりましたが、実現したいビジョンをしっかり持っていたため、最終的に納得のいく企業に入社することができました。
前回の記事でも書きましたが、LGBTであるかどうかに関わらず、仕事の先のビジョンを明確化することが大切です。

当事者からして企業側に受け入れてもらえるかは気になる点ですよね。
本当の意味でのLGBTフレンドリーな会社が増えていってほしいと思います。