2019年卒業予定の就活生のみなさんは、今後本格化していく就活に向けて期待と同時に不安をもっている方も多いと思います。
今回は、2018卒業のLGBT就活生の先輩の体験談をお送りします。

Oさん。FTX。LGBTフレンドリー?社風を知るインターンシップ

私は大学3年生のときにインターンシップを6社経験しました。夏休みに短期(1day~3days)を4社、1か月の長期インターンシップを1社、3年生の冬に1週間のインターンシップを1社経験しました。周りの友人もインターンシップに行っていましたが、私が社数も期間も一番長かったと思います。

私の場合は、性自認としてはたぶん、Xジェンダーなのかなと思っています。多少我慢すれば女性のスーツも着ることはできますが、毎日となるとちょっと辛いなと思っています。

LGBTに対する理解度や社風はどうなのかを知りたいと思い、いろんな会社のインターンシップに行きました。カミングアウトはせずにインターンシップに行ったので、LGBTに対するフレンドリー度合いはよく分からない企業もたくさんあったのですが、それでも男女で仕事が違うかなどの社風は少しみれた気がします。

その中でも長期(1か月)でインターンシップをさせてもらった企業では、途中で仲良くなった社員の人にはカミングアウトをしてみたところ、意外にもあっさり受け入れてくれました。企業としてLGBTフレンドリーな取り組みを積極的にしているわけではなかったのですが、とても働きやすい環境でした。

就活を始めるにあたって業界研究とかもしていましたが、やはり私にとっては働きやすい環境かどうかが大切な就活の軸ということに気づけたのがインターンシップにいった成果です。

Tさん。ゲイ。就活のために学業に専念

僕は大学で理学部にいますが、いわゆる文系就職をしようと思っていました。うちの大学だけかもしれませんが、文系より理系のほうが単位を取るのが大変で、授業への出席や実験などもあります。
就活を始めるにあたって、先輩(LGBTではないですが)に相談をしたところ、4年生で就活に専念したければ、3年生のうちにしっかり単位をとっておけ!といわれました。実際に3年上の先輩で希望の企業から内定をもらったのに単位が足りずに卒業ができなかった人がいたそうです。

サークルやバイトもやってはいましたが、学業にもかなり時間をとられていたので、実際に就活がはじまったときにエントリーシートに書くことで少し悩みました。
自分がやってきたことでアピールできるものは何か?僕は学業のことを書きました。専門性の高い学科なので中身はあまり面接官には伝わらなかったと思いますが、それでも学業という一つのことをしっかりやる!ということはアピールできたと思います。
4年生になり就活が忙しくなってきたときに、単位をあまりきにせずに就活をできたのは良かったと思います。
LGBTかどうかはあまり関係ないですが、単位取得が厳しい学部では、しっかり単位取得をしておくことも大切だと思いました。

 

就活に関して、3年生の時期に何をするのがいいのかは、人によって違います。
次回は、同じく2018卒業のLGBT就活生の先輩の体験談の中編をお送りします。