就活時、業界を問わず、多くの企業の選考で聞かれる「学生時代に頑張ったこと」。LGBTの就活生の中には、LGBTに関するボランティア活動等に励んでいた方も多いのではないでしょうか?

「LGBTに関するボランティア活動について話すことで、カミングアウトに繋がらないか心配…」「貴重な面接の時間が、セクシュアリティの説明の時間になってしまうかもしれない…」「LGBTに理解のない企業だったらどうしよう…」と不安に思う方も多いです。

今回は、LGBTに関する活動に取り組んでいた就活生が、学生時代に頑張ってきたことをどのように伝えていたかについて、実体験をもとにお伝えします。

LGBT関連のボランティア活動の話をした就活生の例

H大学2018年3月卒業 Kさん(ゲイ)

就活を始めたばかりの3月頃は、カミングアウトに繋がってしまうのでは?と思い、状況に応じて、LGBT関連のボランティアを話すこともあれば、アルバイトなどを話すこともありました。でも、自分自身の力の入れ具合は、明らかにLGBT関連のボランティアでした。面接時に話す際の説得力が違うと思いましたし、自分が頑張ってきたことをもし否定されたとしたら、そんな企業はこちらからお断りだ!くらいに思って、途中からはすべてLGBT関連のボランティア活動についてお話をしました。

全部で15社くらいの面接を受け、内定は3社もらいましたが、内定をもらった3社はすべて面接時にLGBT関連のボランティア活動の経験を話した企業でした。

 

T大学2017年3月卒業 Oさん(FTM)

大学生活の4年間ずっと続けていたことが、LGBTに関するボランティア活動だけだったので、就活時は面接でも話していましたし、履歴書の自己PRにも必ず書くようにしていました。ちなみに履歴書の性別欄は女性で、男性の恰好をした証明写真を使用していたので、人事の方の多くは、自分がトランスジェンダーであるということに気が付いていたんじゃないかな?と思います。

書類選考の段階でカミングアウトしていたようなものなので、逆に面接時に学生時代に頑張ったことを深堀された際は、堂々と話すことができていたように思います。実際、面接の場で面接官が興味本位でセクシュアリティについていろいろと聞いてくることは一度もなかったです。

 

N大学2017年3月卒業 Mさん(MTX)

「就活 LGBT」で検索をしてみてヒットした企業やTRPに出ているようなLGBTフレンドリー企業のみ、LGBT関連のボランティア活動について話していました。

残念だったことは、LGBTフレンドリー企業と呼ばれる企業でも、面接官によっては理解のない反応をされてしまったことです。

正直、精神的に辛いと感じたときもありましたが、振り返ってみると、それでよかったのかな?と思います。それは、就活は内定を得ることがゴールではなく、働くということのスタートだと思うからです。入社前に企業の実態が知れてよかったです。

企業を選ぶ軸に自分らしく働けるかどうかを考えている就活生の方は、あえて積極的にLGBT関連のボランティア活動の話をしてみて、面接官の反応をみてもいいかもしれません。

 

次回は、就活時代にLGBTに関する活動について話さなかったという先輩の体験談についてお伝えします。