LGBT就活生のための大手企業とベンチャー企業の就活 メリットデメリットとして、安定性や待遇、自己成長についてご紹介しました。

今回はLGBT就活生だからこそぶつかる、LGBTフレンドリー企業を探すという視点で大手企業とベンチャー企業の比較をご紹介します。

LGBTフレンドリー企業は大手企業に多い?!

LGBTフレンドリー企業の中では、同性パートナーシップ制度を導入したり、FTMやMTFのトランスジェンダーとして働く社員の性別移行に関して休日や配置転換などのサポートを行っており、それが新聞などのメディアにとりあげられている企業があります。

またLGBTフレンドリー企業の一つの目安としてPRIDE指標を受賞している企業もあります。

このようにLGBTフレンドリー企業として目立つのは、大手企業が中心になります。大手企業の場合はそれだけ社会的な注目も高いですし、働いている人も含めて関係している人が多いからです。

しかし、実際にはベンチャー企業のなかにもLGBTフレンドリー企業はたくさんあります。

LGBTフレンドリーなベンチャー企業

ベンチャー企業の場合は、同性パートナーシップ制度のような制度面からスタートするケースは少ないです。むしろ風土面が先行しているケースが多いです。

ベンチャー企業では、年齢や学歴、セクシュアリティなどで仕事の役割を変えたり評価をしたりするケースは少ないです。純粋に仕事でどのような成果をだせるか、だしたかを問われることが多いです。

だからこそ、セクシュアリティを問題視したり、特別視したりすることも少なく、より成果を残しやすい制度はどうするのがいいか、を追求する風土がある会社が多いです。

LGBTフレンドリーな求人企業をどう探すか?

LGBTフレンドリーな求人企業を探すのはかなり難しいです。PRIDE指標を受賞している企業であれば探すことはできますが、それはLGBTフレンドリーな求人企業のごく一部にすぎません。LGBTフレンドリーかという面以外の職種や業界などで自分が興味をもった企業のホームページ(特にダイバーシティ関連)を読んだり、そこで働いているOBやOGの話を聞いてみるという方法があります。

ただそれを探すのも実際には大変です。LGBT就活の先輩の話を聞くのも良いでしょうし、LGBTに特化した就職支援の企業に相談するのも一つの方法です。

 

LGBTフレンドリー企業が大手企業に多いかベンチャー企業に多いかは、なんとも言えません。大手企業が目立ちますが、ベンチャー企業の中にもLGBTフレンドリーな企業はたくさんあります。制度面を重視するか風土面を重視するかでも変わってきます。

LGBTに関する企業の取り組みは、急速に進んでいる状況なので、就活時と実際に就職するときでは状況が変わっていることもありえます。

いろんな情報を取り入れながら悔いのない就職活動に取り組んでください。