LGBTフレンドリー企業への就職を希望する割合が比較的高いトランスジェンダー就活生。その中でも今回は2018卒の就活を経験したFTMの先輩3名の座談会の様子をご紹介します。

Aさん(FTMトランスジェンダー)…私立大学(東京)文学部。ホルモン治療、手術済み。
Bさん(FTMトランスジェンダー)…国公立大学(東京)社会学部。未治療。
Cさん(FTMトランスジェンダー)…私立大学(大阪)経済学部。未治療。

前回はカミングアウトをテーマにした前編をご紹介しました。

前回の記事はこちら▼
【LGBT就活ノウハウ】FTM就活生におくる先輩就職体験談【前編】

Q.エントリーする企業はどのように選びましたか?

Aさん・・・私はカミングアウト前提だったので、最初はLGBTフレンドリーな企業を探しました。ただリクナビなどでLGBTというワード検索してもほとんどヒットしなかったです。PRIDE指標を受賞している企業も受けましたが、大手ばかりでなかなか選考は厳しかったです。

Cさん・・・私は服装自由というワードで検索しました。その中で良さそうな企業のHPを見て選びました。HPにはLGBTの取り組みが書いてある企業もリクナビなどには何も書いていないことが多いですよね。

Aさん・・・私は途中から、LGBTフレンドリーという軸ではなく、営業職という職種をやってみたいと思うようになり、若いうちから裁量をもって営業できる企業がいいと思い、ベンチャー企業を中心にエントリーするようにしました。その中で、LGBTフレンドリーでない企業は、選考段階ですぐに辞退しましたが。。。

Bさん・・・私は、LGBTに関わらずダイバーシティの進んでいる企業がいいと思っていました。女性の活躍が進んでいる企業はFTMも働きやすいかなと漠然と考えていました。職種はよくわからなかったので、いろんな企業の説明会にいき、社風をみるようにしていました。社風は、実際に説明会にいってみないと分からないですね。

Q,実際に選考をうけてみて困ったこととか気になったことはありますか?

Aさん・・・カミングアウトはしているんですが、集団面接とかは困りましたね。やっぱり集団だと自分のセクシュアリティの話はなかなか難しいです。

Cさん・・・私は服装ですね。説明会は服装自由というのも結構多いのですが、面接になったらスーツ着用とかの企業も結構あったので。面接だけならスーツも仕方ないかと思って面接はスーツで受けたこともあります。

Bさん・・・女性として選考を受けていたので、そこは大丈夫なのですが、自分の中の折り合いですね。産休育休を取得した女性の先輩社員がロールモデルとして話をしているのとかを聞いても、やはりピンとこないです。

Cさん・・・私は履歴書の性別欄も迷いました。女性につけた企業もありますし、どちらにもつけなかった企業もあります。嘘をつくのは良くないとも思いますし、でも、それは自分への嘘も良くないと思うので。

Q.内定獲得のポイントは?

Bさん・・・実は内定をいただいた企業には最終選考の直前にカミングアウトしました。最終選考では、自分のセクシャリティの悩みも踏まえて、自分らしい働き方の話をしたら、内定がもらえました。たぶん、ちゃんと自分の言葉で、自分の考えていることを伝えられたのが良かったと思っています。

Aさん・・・内定をもらうには、自分が何をしたいかをしっかり考えて伝えることかなと思います。FTMとして働きやすいという環境も大切なポイントですが、それは大前提として自分のやりたいことを探しました。フレンドリー企業を探すのは、専門のアドバイザーの力を借りられたのも大きかったです。

Cさん・・・私はかなり就活に時間がかかりました。就活に対するスタンスに迷いがあったからかもしれません。最後はITエンジニアの企業から内定をいただきました。服装は自由なのですが、それとは別に仕事に興味が持てたのも大きかったと思います。

 

就活では自己分析が大切といわれることがよくあります。FTM 就活生は自分のセクシャリティと向き合うことが多いですが、それ以外の部分での自己分析もしっかり行い、自分を理解し、企業を理解していくことは内定獲得のためには大切です。