LGBTフレンドリー企業への就職を希望する割合が比較的高いトランスジェンダー就活生。その中でも今回は2018卒の就活を経験したFTMの先輩3名の座談会の様子をご紹介します。

Aさん(FTMトランスジェンダー)…私立大学(東京)文学部。ホルモン治療、手術済み。
Bさん(FTMトランスジェンダー)…国公立大学(東京)社会学部。未治療。
Cさん(FTMトランスジェンダー)…私立大学(大阪)経済学部。未治療。

これまでの記事はこちら▼
【LGBT就活ノウハウ】FTM就活生におくる先輩就職体験談【前編】
【LGBT就活ノウハウ】FTM就活生におくる先輩就職体験談【中編】 

Q.就職先の企業にはセクシャリティに関してどんな配慮を望みますか?

Cさん・・・私はカミングアウトをしていませんが、服装も自由でかなりオープンな社風なので、いつかカミングアウトをしようかとは思っています。治療もしていきたいので、そこらへんも理解してもらえればと思っています。

Bさん・・・私も女性としての入社です。男女という区別は少ない社風だと思いますが、ずっと女性として働いていけるかは自信はないです。

Aさん・・・カミングアウトをしての入社です。企業さんからもどんな配慮が必要かというのはいろいろ聞いてもらっています。トイレや服装は男性のほうを使わせてもらいます。通称名も使えることになりました。会社としても研修などをもっとやってくれるそうです。一緒にいろいろ考えてくれるので働きやすい職場だろうと思っています。

Q,2019卒のFTM就活生の後輩にアドバイスをお願いします。

Bさん・・・就活は早めに始めたほういいと思います。就活をしながら自分の考えも変わっていくし、企業選びも変わっていきました。早めに始めていろんな企業の人事の人の話を聞くのは良いと思いました。

Cさん・・・私はカミングアウトはしたりしなかったり、だったのですが、今もどっちが良かったかはよく分からないです。カミングアウトをしないとやはり隠すことも多くなり就活の面接時とかも話しにくかったです。

Bさん・・・私もカミングアウトはしても良かったのかもしれない、という気持ちも少しあります。親にはまだ言えていないですが、職場だけでも知ってもらうというのでも良かったかもしれないです。

Aさん・・・カミングアウトをするなら、フレンドリーな企業探しが必須になります。それを探すのが大変ですよね。最近はLGBT専門の求人サイトや、就職アドバイザーの会社とかあるのでそういうのも活用するといいと思います。私は、LGBT専門の就職支援企業にかなりお世話になりました。企業の紹介だけでなく、面接対策やES(エントリーシート)の作成まで相談にのってもらえて、本当によかったです。

Cさん・・・あとセクシュアリティに囚われすぎずに、自分は何をしたいのか?ということをもっと考えればよかったなと思います。私はそれができたのが遅かったので、就活全体に時間がかかってしまいましたね。

Aさん・・・もうじき入社ですが、就活中は大変だなって思っていたし、落ちてへこむこともありましたが、今は不安より楽しみな気持ちですね。

 

3回にわたりFTM就活生の先輩の座談会の様子をご紹介しました。2019卒就活もいよいよ本番です。就活に正解はありません。自分にあった就活をするためにもFTMの先輩の就活を参考にしてみてください。