3月から解禁した2019年卒の就職活動。就活解禁から約1ヶ月が経過しました。合同企業説明会や単独の企業説明会など、実際に足を運んで企業の説明を聞いた就活生も多いと思います。

ぜひ働きたい!と思える企業に出会えた人もいれば、なんだかイメージと違った、、、という人もいるのではないでしょうか?就活の時間は限られているため、効率的にマッチングする企業と出会い、内定を獲得することが重要です。

今回は効率的にマッチングする企業と出会うための企業選びの軸の作り方についてご紹介します。

就活における企業選びの軸とはなにか?

企業選びの軸とは、その名の通り、企業選びの基準のことです。企業選びの軸を作っておくことで、効率的に就活を進めていくことができます。

企業選びの軸を考える際にポイントとなるのは、自己分析です。過去や現在の経験をもとに培われる価値観や将来のキャリアやライフプランなど、自己分析を通じて形成します。

自己分析がまだの方はこちら▼
【LGBT就活ノウハウ】LGBT就活生にオススメの自己分析のやり方【過去編】
【LGBT就活ノウハウ】LGBT就活生にオススメの自己分析のやり方【現在編】
【LGBT就活ノウハウ】LGBT就活生にオススメの自己分析のやり方【未来編】

自己分析の結果から自分がどんな企業を選ぶべきなのか?という基準を作りましょう。基準を作ることで、会社を絞り込むことができ、効率的に就活を進めることができるようになります。

LGBTフレンドリー企業であることは企業選びの軸になるのか?

将来のライフプランを考えた際、セクシュアリティに関連する内容であった場合、LGBTフレンドリー企業であることが企業選びの軸になる可能性は十分にあります。

・2018年卒のKさん(ゲイ)の企業選びの例
外国人の彼氏がおり、将来は彼と海外で暮らしたい。そのため、LGBTに理解があり、将来的には海外で働くことが可能で、働きながら語学力を身に着けることができる企業へ就職をしたい。
⇒海外展開をしていて、語学力向上を制度面などからも推奨している企業

LGBTフレンドリー企業だけでは幅が広すぎるので、Kさんのように、自己分析の結果からどんな業界や職種がいいか、仕事内容に関する視点でも企業選びの軸を作れるとよりよいです。

LGBTフレンドリー企業の求人を探すためには?

企業選びの軸はできたけれど、LGBTフレンドリー企業の求人の探し方がわからない、、、という就活生も多いと思います。

NijiリクルーティングではLGBTフレンドリー企業に特化して、新卒・既卒・中途を問わず、様々な業界や職種の求人を取り扱っています。また、下記の記事では、エージェントの活用以外にもLGBTフレンドリー企業の探し方をご紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

LGBTフレンドリー企業の求人の探し方を知りたい方はこちら▼
【LGBT転職就活ノウハウ】LGBTフレンドリーの正社員求人を探す6つの方法【前編】
【LGBT転職就活ノウハウ】LGBTフレンドリーの正社員求人を探す6つの方法【後編】