LGBT当事者orアライによるレポート。今回はLGBTのキャリア形成時の課題についてです。

トランスジェンダーの就労時に抱える不安

LGBT当事者の社会的困難の1つに就労が取り上げられています。

就活時に、一番わかりやすく直面するのが面接時や勤務時の服装などといった「見た目」や「性別」の問題。性自認が戸籍上と異なっているトランスジェンダーにとっては、男女に分かれているスーツや会社規定の制服の着用などが義務付けられていると、苦しく感じてしまう人もいます。

ここだけを切り取ると就活時に課題を感じるのはトランスジェンダーだけと思われる方もいるかもしれませんが、実際はどうななのでしょうか?

トランスジェンダー以外のセクシュアルマイノリティは?

就労時、同性愛者や両性愛者などの人は、戸籍上の見た目、性別通りに生活していれば働くことなんて問題ないと考えている人も多くいます。ではトランスジェンダー以外のセクシュアルマイノリティの人は、就活でどんな苦労があるのでしょうか。

仕事のしやすさは、その企業の制度と風土が大きく関係しています。

まず、現在の企業の福利厚生として備わっている制度が、性的マイノリティを対象としていない場合が多いです。例えば、現在日本では結婚をすると家族となり、健康保険や税金の優遇などを受けることができますが、同性パートナーに対しては、そのような制度はありません。

企業によっては同性カップルが地方自治体のパートナーシップ制度を活用した場合、異性間での婚姻状態と同じとし、結婚祝い金や長期の休暇を認めるという制度を設けている場合もあります。しかし、多くの企業は同性カップルにはそのすべての制度を受けられる保障がない場合がほとんどです。

そのような場合、同性愛者や両性愛者の人々にとっては大きな障害になってしまうケースがあります。

企業の風土も大切

制度面での取り組みも大切ですが、制度だけ整えても、職場で「彼氏いるの?」「結婚しないの?」「おかまは気持ち悪い」などの会話がなされているケースもあります。

このようにトランスジェンダーだけでなく、すべてのセクシュアルマイノリティの当事者が就職にあたって問題に直面する可能性があります。

トランスジェンダー以外のセクシュアルマイノリティは、就活や転職時にカミングアウトの必要がないために、入社後にギャップに悩むこともあります。
少しでも制度や風土などで理解のあるフレンドリー企業をさがしていきたいですね。