事務職と一口に言ってもその仕事内容は多岐に渡ることを前回の記事で説明しました。

そして一般事務、営業事務、経理事務の3種類を紹介しました。

今回はそれ以外の事務職についてご紹介します。

総務事務の魅力と求人

総務は社内の仕事を幅広く行います。総務の業務の範囲は企業によってかなり異なります。

一般的には、

・備品の管理

・消耗品の管理

・文書や印鑑の管理

・保安、セキュリティの管理

・社員の健康管理

・契約管理

・秘書業務

・株主総会や取締役会業務

このような業務が考えられます。

大手企業であれば、これらの業務が多くの人で分担されているケースもありますが、逆にベンチャーなどの小さな規模の会社であれば経理事務や人事労務事務なども含んでいる場合もあります。

何か特定の分野のスペシャリストというよりは、広くサポートをする役割になります。社内のどの部署よりも多くの社員とコミュニケーションをとることになります。

また決められたマニュアル通りに毎日同じ業務を行うわけではありませんが、経営者も含めて多くの社員と関わり、企業全体に関係する業務が多いので、会社全体をよくしていくということに関われるという面白さがあります。

総務事務職は比較的未経験可の求人が多いです。ただし企業によっては経理や人事労務など幅広い職務を含む場合があるので、その場合は経験やスキルを求める求人が増える傾向があります。

 

人事労務事務の魅力と求人

人事と労務で大きく2つに分かれます。

人事は社員がより活躍できるように社員の配置をしたり、評価制度をつくったりします。社員の研修や、人材の採用も含まれます。

労務は、社員が企業に雇用されるにあたっての毎月の給与の計算や有給等の休暇の管理、社会保険の手続きなどを行います。

社員の相談窓口を設けている企業もありますが、その場合はこの人事労務の中に入っている場合が多いです。

さらに細かい企業だとメンタルヘルス専門や、ダイバーシティ推進室のような形でLGBTや女性の相談を受け付ける部署を設けている場合もあります。

採用や評価制度という点では、企業の理念や求める人物像などをよく理解していることが大切になります。給与計算や社会保険手続きなどは、比較的どの会社でもいかせるスキルを身につけることができるのが、人事労務事務の魅力です。

人事労務は専門職になるので、スキルを求められる求人が多くなります。一方で経理のようなわかりやすい資格は少ないので、実務経験が大切になります。未経験でも人事労務の仕事に魅力を感じて是非、チャレンジしていきたいという気持ちをもっていれば、採用につながるケースもあります。

 

秘書の魅力と求人

事務というくくりに入れない場合もありますが、近しい業務として秘書業務があります。秘書業務は、会社全体ではなく特定の個人へのサポートをする仕事になります。社長秘書や役員秘書というのがイメージしやすいかと思います。

より密接なコミュニケーションと、さらに接する相手が経営陣などになるケースも多いのでマナーや気配りは特に重要になるポジションです。

相手との信頼関係を築け、感謝されることにやりがいを感じられる方には魅力のある仕事になります。

秘書の求人は、スキルや経験でははかりにくいので、選考では面接が重視されます。

 

就活や転職では志望動機が最重要!

事務職への就職や転職は求人件数が少なく厳しい状況ではあります。その中で、選考を受け内定を獲得していくためには、なぜその職種に応募するのかという志望動機が大切になります。

それぞれの職種の仕事内容や魅力をよく調べたうえで、自分なりの志望動機を固めることが内定への第一歩になります!可能であれば、事務職として働いてる人の話を聞いて具体的なイメージを持って就職、転職活動を行いましょう。