現在、日本では企業の求人数が増えてきており、就活市場においても、転職市場においても売り手市場が続いています。

売り手市場であれば、多くの求人企業から、自分の希望に合った企業を見つけることができやすいのですが、事務職に関しては就職、転職を希望する人がとても多い反面、求人数が少なく非常に求人倍率の高い職種となっています。

そんな事務職ですが、いったいどんなことをやっているのか、今回は事務職の魅力と求人をご紹介します。

一般事務の魅力と求人

多くの人が事務職ときいて想像するのが一般事務です。

社内で来客対応(案内、お茶出し)や電話の応対、郵便物の管理やデータ入力、資料の整理等が含まれます。営業など、他の社員が仕事をしやすくなるようにサポートするのが一般事務の仕事です。

基本的には社内にいて仕事をするので、他人と接する機会が少ないというイメージを持っている人も多いです。人と話すのが苦手だから、という理由で事務職の求人に応募する人は、LGBTかどうかに関係なく多いです。

でも一般事務という仕事は、社外とのつながりは電話やメール対応でありますし、社内でのコミュニケーションは毎日行うので、他人と関わることは多いです。

また社外の人が来社したり、電話がかかってきた際に最初に接するのがこの一般事務の人になる場合も多いので、会社全体の第一印象を決める大切なポジションです。

未経験可の求人が多いのも魅力です。

 

営業事務の魅力と求人

基本的に会社は商品やサービスをお客さんに売ることで利益を出すので、営業職はほぼすべての会社に必須です。

営業職をサポートするのが営業事務になります。営業職が使う資料を作成したり見積もりや請求書の用意等が主な内容になります。

一般事務は会社全体のサポートのイメージで、営業事務は営業職のサポートというイメージになります。

営業がどんな商材を売っているかで仕事内容は様々ですが、商品の受注管理をしたり、パソコンで提案資料を作成する場合もあります。

営業というのは、会社の売上という数字を背負っていて大変な職種ですが、その分やりがいもあります。営業事務も同じように、営業職をサポートして一緒に売上数字を作っていくというやりがいがある仕事です。

エクセルやワード、パワーポイントといったPCスキルは求められます。また営業職のサポートなので気がきく人に向いている職種です。

目標に向かって頑張ることが好きな人にとっては魅力のある職種になります。

営業事務も未経験可の求人が多いのも特徴です。

 

経理事務の魅力と求人

会社はモノを販売したり、購入したり、社員にお給料を払ったりします。基本的にはすべてお金がかかわるのですが、それをしっかり記録して、次の経営に生かしていくというのが経理の仕事になります。

会社によっては財務などが含まれる場合もあります。

具体的には

・経費や交通費の精算

・毎月の月次決算

・売掛金の回収管理

・予算管理

・銀行からの借り入れ

こういったことが含まれます。

経理事務の特徴としては、どの会社でもある職種ということ。もう一つはどの会社でも基本的には同じような仕事をする、ということです。

そのため、経験やスキル(資格)が転職市場においても客観的に評価しやすく、他社でも使える経験スキルを身につけることが可能です。

専門職なので、しっかり経験スキルを積み重ねれば、長年働けたり、他社への転職も比較的容易というのは、経理事務の魅力です。

経理事務はどの企業でも必要な職種なので比較的、求人件数も多いです。ただし、専門職だけに一定の資格やスキルを求める求人が多いのが特徴です。

まだまだ事務職と言われる仕事はありますので、次回の記事に続きます。