転職をする場合に、年齢というのはとても大切なポイントになります。年齢別に転職の成功ポイントが変わってくるのです。

今回は、20代での転職がおススメなパターンをご紹介します。

20代の転職理由は待遇面

転職理由にはさまざまなものがあります。

一般的に転職理由として上位にあがるのが、

・給与が低い(あがらない)
・労働時間が長い(残業が多い)
・上司がひどい(怒る、話を聞いてくれないなど)
・会社の人間関係があわない
・仕事がつまらない
・キャリアアップが見えない
・会社の業績がよくない

LGBT特有の転職理由としては、

・LGBTに関して企業は無関心、無理解
・ネタとしてLGBTを扱う同僚がいる
・LGBT当事者であることを隠すことがストレス
・LGBT当事者であるとカミングアウトしたら差別をされたり、退職を迫られた
・男女別に仕事内容が分かれている

などが挙げられます。

この中でも30代と比較して、20代の転職理由として多いのが、給与が低い、労働時間が長いという待遇面に関するものがあります。また人間関係が合わないというのも多い傾向があります。

30代ではキャリアアップや仕事内容というところの割合が増える傾向があります。20代では仕事を任せられる範囲も限られており、本当の意味での仕事の面白さを感じる機会が数内のも要因です。

20代の転職の3つのメリット

・求人数が多い
転職市場にはたくさんの求人があります。選考時は基本的には年齢不問ですが、実際には20代の若手を求めている企業が多いです。
いまだに日本の企業の多くは、数十年にわたる長期間勤務し続けてくれることを期待しています。そのためにはなるべく若いほうがその後のはたける期間が長いので20代を求める傾向が強くなります。

・経験を生かした転職ができる
多少なりとも社会人経験がある20代は、新卒就活時とは違い求人企業を見る目線があります。就活時にはイメージだけで企業を選んで失敗したと思い、転職する人も多くいますが、転職時にはより自分にあった企業選べる可能性があります。

・キャリアチェンジが可能
未経験で新しい職種に転職するというのは、20代までといわれています。企業から未経験の転職者には、一から教えないといけないということになります。そのため、伸びしろとポテンシャルのある20代若手を採用したいと考える企業が多いです。

転職をするのにベストな時期というのは人によって違います。20代だからこその転職のメリットもあるので、20代で転職を考えている人は、自分にとってそのメリットが大切かを考えてみてください。