IT業界は一般的には、スキルを必要とされる専門性の高い仕事が多いです。しかし最近は、IT業界全体の人手不足もあり、未経験から転職できるIT業界の求人が増えてきています。今後さらにIT業界全体の規模の拡大とともに求人は増えていくと考えられます。

今回はIT業界へ未経験からの転職をより成功させる秘訣を紹介します。

IT業界で何をしたいのか?やりたいことを明確にする

IT業界を目指す人の理由として、「パソコンが好きだから」「人とのコミュニケーションが少なさそうだから」などの理由を持っている人がいます。

確かに、パソコンが好きであることはITエンジニアとして仕事を続けていくうえで有利なことかもしれません。

しかしITエンジニアはコミュニケーションが少ないかと言うと、そんなことはありません。プロジェクトを行う上では一人ですべてを行うことはほとんどありません。同じプロジェクトのチームのメンバーとの密なコミュニケーションは、仕事をするうえで必要になります。

また、ITエンジニアに転職したいと言っても、何をしたいのかを明確に持っておくことが大切です。大まかな分類として、特定の業界や職種向けのシステムと、Webサービスがあります。

それぞれプロジェクトの流れとしては共通していて、どんなシステムを作るか、の企画や設計、見積もりを行うことから始まり、設計書通りにプログラミングを行っていくという開発の段階、そしてシステムやWebサービスを導入し、運用していくこと、また運用し続けられるよう保守していくという流れになります。

また、サーバーなど、インフラと呼ばれる環境を提供するのもエンジニアの仕事です。サーバーがなくてはWebサービスは運用できません。表にでるサービスではないため、裏で支えるようなイメージです。

パソコンを使う、という大まかな点では共通しているかもしれませんが、どの分野のどこに興味があるのかをしっかりと持ってから転職活動をするとスムーズに進むかもしれません。

SEとプログラマーの違いは?

IT業界の職種としては、SEとプログラマーの2つの職種が有名です。しかしこのSEとプログラマーという職種は実際にはどう違うのでしょうか?

SEとはシステムエンジニアの略です。SEの仕事を一言でいえば、プログラムの設計をすることです。クライアントの希望を聞きつつ、それを基に要件定義を行い、基本設計や詳細設計を行っていきます。

一方でプログラマー(PG)は、SEが作成した設計を基にプログラミングを行う仕事です。求められる動作を、どんな言語やコードで実行させるかというのはプログラマーにかかっています。

言語って何?どんな言語を学べばいいの?

上記の仕事内容の中で、何を行うかによって、プログラミングで使う言語は変わってきます。コードを書くプログラミング言語は複数あります。そしてそれぞれの言語によって、得意不得意の領域があります。

たとえば、一番有名なのはJavaかと思います。Web系の仕事で幅広く活かせるため、昔から数多くのITエンジニアが学習しています。

PHPは、ホームページ制作に使われる言語です。同じくWeb業界での人気が高く、求人も数多くあります。

Objective-Cは、iPhoneアプリの開発に多く使われる言語です。Webサービス等に応用されることはあまりないために領域は狭いですが、iPhoneアプリの開発をやりたい!と強く決めている人であればお勧めです。

その他、プログラミング言語はここでは紹介しきれないほど数多くあります。興味がある人は調べてみてくださいね。

自分が何を行いたいかを明確にしたうえで、言語を決め、学んでおくことで転職が有利になります。

まとめ

IT業界に転職するハードルは以前よりぐっと低くなりました。

また自由な社風の企業も多いため、LGBTの働きやすい職場も多いです。

社歴も働く人の年齢も若い会社が多い業界です。だからこそ古い先入観にとらわれず、LGBTも含めてダイバーシティの感覚が進んでいる企業が多いです。

しかし自由な社風=楽な仕事、というわけではありません。中には古い体質の企業ももちろんあるので、そこはきちんとチェックしておきましょう。

現在は未経験であっても、入社後の研修でしっかりフォローしてくれる企業もあります。経験をつめば専門性を磨ける職種もあります。若い第二新卒と呼ばれるような年代の求職者にとっては、良い選択肢の一つだと思います。