新卒で入社した人の30%が3年以内に辞めると、よくいわれます。実際企業によって違うものの20~40%程度の人が辞めるというデータがあります。

一生懸命、就活をして希望の企業に入社したものの、実際に働いてみて違いを感じて辞めるケースもあります。

20代の転職の場合、経験や資格などを生かした転職なのか、未経験にチャレンジする転職なのかで多少事情が異なりますが、いずれにしても転職先企業の求人票をしっかり読み解くことが大切です。

今回は、20代の転職の際に求人票をみるポイントについてご紹介します。

求人見出しは企業のウリポイント

求人票の一番うえの目立つところに、見出しがついている求人票があります。この見出しは例えば「20代で支店長に」「10年連続、増収増益の成長企業」「未経験歓迎、安心の研修制度」「平均年齢20代の若い会社です!」などがあります。いずれも求人企業が一番、転職者に訴えたい自社の強みです。

ここで求人企業の価値観や大切にしているポイントを見ることができます。

募集職種・仕事内容

最も大事なポイントの一つが職種と仕事内容です。20代でも経験を積んている人は自分のスキルが活かせそうな仕事かどうかをみてみます。また未経験からの転職の場合は、自分がどんな仕事でキャリアを積んて行こうとしているのかという点と合わせてみるとよいです。

応募基準

応募にあたって基準を設けている企業もあります。スキルや経験、資格などです。例えば「webデザイナーの経験3年以上」とか「営業経験1年以上」「簿記2級以上」などがあります。これは応募にあたり必須の条件の場合と、必須ではないけれど歓迎という場合があります。選考にあたってこの基準が厳密に適用されるかどうかは企業によります。20代の特に未経験歓迎という求人の場合には、ここに記載されていないようなスキルや経験をアピールすることも有効です。

 

前編では求人票をみる10のポイントのうち3つをご紹介しました。LGBTの求職者の中にはLGBTフレンドリー企業かどうかを大切な企業選びの軸にする人もいます。確かにLGBTフレンドリーであることは働きやすさの大事な要素です。一方でLGBTフレンドリー企業であっても自分のキャリアを築ける仕事内容かどうかは同じくらい大切な企業選びの軸です。

20代の転職だからこそ、自分のキャリアプランを見つめなおして、そのキャリアプランにあう企業かどうかを求人票から読み解くことが大切です。