20代の転職希望者の方で多いのが、応募企業への「志望動機」をうまく語れないという相談です。
今回は、採用されるための志望動機の考え方についてお伝えします。

20代の転職希望者に求められる、転職希望企業への志望動機とは

志望動機という言葉から、転職活動に慣れていない20代の転職希望者の多くは「応募のきっかけ」を記載しがちです。ですが、企業が知りたいことは、「この人を採用したら企業にどんなメリットがあるか」です。

志望動機はきっかけではなく、企業が自分を採用するメリットを伝えましょう。

「LGBTフレンドリー企業だから」は志望動機になるか?

「御社はLGBTダイバーシティの取り組みが進んでおり、LGBTに理解のある職場で働きたいと考えているため、志望しました」

LGBTフレンドリー企業への就職を考える転職希望者の中には、このような志望動機を考える方もいますが、これでは選考通過率はあがりません。

前職の退職理由がLGBTであることが原因だった場合、転職希望企業が「LGBTフレンドリー企業」であることは立派な志望動機になり得ます。しかし、たとえLGBTに理解のある企業であっても、上記だけでは「自分らしさに対する意欲」しか伝わらず、「働くことに対する意欲」が表現されていないため、選考通過は厳しいです。

志望動機にLGBTフレンドリー企業であることを記載する場合は、LGBTに理解のある環境で、どのように活躍していきたいのかを具体的に述べることが求められます。働くことに対する意欲を伝えるためには、転職希望企業での仕事をより詳しく知る必要があります。

転職希望企業での仕事と採用担当者の気持ちをイメージする

1.転職希望企業での仕事のイメージ
できるだけ具体的に想像しましょう。

そのためには、仕事内容や企業理念、働き方などについて調べることが必要です。求人票だけでなく、転職希望企業の公式ホームページなどもチェックしましょう。

2.転職希望企業の採用担当者の気持ちをイメージ
「自分が伝えたいこと」=「採用担当者が知りたいこと」とは限りません。志望動機をはじめとした応募書類を作成する際は、常に「採用担当者が知りたいことは何か」という視点を持ちましょう。

 

いかがでしたでしょうか?
今回は、採用されるための志望動機の考え方についてお伝えしました。

採用担当者の視点になって作成できているか?など、ひとりでの転職活動に不安のある方は、転職エージェントやハローワークなどを利用すると良いでしょう。転職活動のプロから具体的なアドバイスを無料で受けることができますよ。