飲食接客業界は、企業規模も単店から大企業まであり、また業態なども高単価から低価格の商品サービスまであるので、就活生や転職希望者が働くうえでは求人企業の幅が広い業界とも言えます。

また、消費者を直接のお客様としているために、身近でよく知っている仕事も多いのが特徴です。今回は。LGBT就活生/転職者にとってどんな働きやすさがあるかも含めて、飲食接客業界をご紹介します。

飲食接客業界とLGBT

飲食接客業界というとかなり幅広い求人になります。ただいずれも消費者に直接、接する仕事が中心になります。

LGBTの中でもトランスジェンダーにとっては服装は働く上で重要なポイントになることが多いですが、飲食業界などは男女の区別ない制服を着用しているところなどあります。

またLGBTフレンドリーな飲食接客業界の企業の中には、お客様の中にもLGBT(セクシュアルマイノリティ)の方はいるので、それを考慮すると、是非LGBT(セクシュアルマイノリティ)当事者を採用したい!と考えている企業もあります。

飲食接客業界の魅力

飲食接客業界はの最大の魅力は、直接お客様の笑顔に触れたり、「ありがとう」をもらえるということにあります。

自分の提供した商品やサービスが、お客様の笑顔や感謝につながるのを実感できる仕事です。

また経験を積むことで、将来独立をすることも可能です。
学歴や年齢ではなく、自分の実力が問われる業界でもあります。20代未経験であってもしっかり経験をつみ成果を残せば、高い給与が得られる場合もあります。また店長になればマネジメントの経験などより幅広い経験をつみスキルアップ・キャリアアップも目指せます。

飲食接客業界に就職するには

20代であれば、未経験でも応募可能な求人は多くあります。未経験で応募する場合には、何よりその仕事への意欲が大切になります。どこに魅力を感じていて自分のどんなところがこの仕事に適していると考えているのか?そのようなことをしっかり履歴書や職務経歴書などに書き、面接でアピールすることが大切です。もちろん、お客様相手のお仕事なのでコミュニケーション力というのも大切になります。

 

飲食や接客業界というのは、労働時間などで大変というイメージをもっている人もいます。それは同じ業界であっても職場によってかなり違います。LGBTフレンドリー企業も比較的多い業界ですので、実際に求人企業の話を聞いてみて自分にあった求人企業をさがしてみるのはいかがでしょうか?