LGBT当事者が安心して暮らし、働ける社会づくりを目指し、LGBTダイバーシティ&インクルージョン推進を行っている渋谷区。

2015年からパートナーシップ証明書の交付をスタートしていますが、今回、新たな取り組みとして、お店や企業向けに「しぶやレインボー宣言」と記したポップの無償配布をスタートしました。

今回は、「しぶやフレンドリー宣言」についてお伝えします。LGBTフレンドリー企業への就職を考える就活生や転職希望者の企業選びの参考になればと思います。

お店や企業を対象にした『しぶやレインボー宣言』とは?

LGBT当事者に対する理解と⽀援の輪を可視化・拡⼤することを目的にスタートした『しぶやレインボー宣言』。

渋谷区では以下の条件を満たし、LGBTアライ宣言を行う渋谷区内の民間企業・事業所・店舗に対して、『しぶやレインボー宣言』POPを交付しています。

<宣言のための 3 条件>

1.すべての顧客に対する平等かつ誠意ある対応の約束
提供する商品・サービスにおいて、顧客の性別、性自認や性的指向、性表現による差別を⾏いません。 顧客から性別、性自認や性的指向に起因する問題指摘や相談があった場合、誠意をもって対応します。

2.すべての従業員に対する 平等かつ誠意ある対応の約束
従業員の性別、性自認や性的指向、性表現による差別を⾏いません(採⽤含む)。 従業員から性別、性自認や性的指向に起因する問題指摘や相談があった場合、誠意をもって対応します。

3.誰もが自認する性に基づいて、望むトイレが利⽤できる環境づくりの約束
誰もが自認する性に基づいて、望むトイレが利⽤できるように理解作りに努めます。 (顧客向け、従業員向けにトイレの設備がある場合) また現在、性別によらず利⽤できるトイレがあります。

参照:「しぶやレインボー宣言」POP の 配布について

LGBTフレンドリー企業への就職や転職

LGBT当事者への理解・支援の輪を広げることを目的とした『しぶやレインボー宣言』。

LGBTフレンドリー企業に就職や転職をしたいと考えている就活生や転職希望者の方は、このPOPを置いている企業も選択肢の1つになるかもしれません。ただし、POPを置いている企業のLGBTダイバーシティに関する取り組み内容や進捗状況は異なるとは思います。

同様に、就活生や転職希望者の方でもそれぞれ企業に求めるLGBT当事者に対する理解度、LGBTダイバーシティの取り組み内容などは異なると思います。より詳しく知りたいという方は、面接などで聞いてみるのがよいでしょう。

企業におけるLGBTに関する取り組みは進んでいます。当たり前ですが、渋谷区内以外でも取り組みを進めているLGBTフレンドリー企業はあります。

LGBTフレンドリーな企業の情報を知りたい就活生や転職希望者の方は、今回ご紹介をした『しぶやレインボー宣言』を参考の1つにしてみてはいかがでしょうか?